バトルスピリッツ 覇王(ヒーローズ) 1~4話

  • 2011/10/12(水) 19:51:08

1話から書く予定だったんですがね(笑)。
遅れに遅れてしまった。
おかげで同時に更新するブレイヴ最終回の話が旬を逃しちゃったよ。
遅ればせながら1話から4話までを見ての評価を書きます。


あそうだ。
ずいぶん時間が開いたのでリンクを張っておこう。
バトスピブレイヴ最終回、前半。
バトスピブレイヴ最終回、後半とついでに過去シリーズも合わせた総評。

当然ネタバレが含まれるので注意していただきたい。



 

覇王は予告を見た時点で全く期待できなかったわけだけど、
その原因であるデザインは実際に見て改めてダメだと思った(笑)。

だいたいどれも悪いんだけど、
特に主人公が全くカッコ良くない。

どうしてこうなるかは同じくデザインの悪いガンダムAGEを見て
ある程度の答えは出せた。

ただシンプルなだけでしかないからだ。

絵描きのタッチ、個性、センス、そういったものが感じられない。
だから下手とすら思えてしまう。

覇王も主人公の父親はなかなか良いし、チャンピオンやテガマルも
悪くないんだけど、どうしてももう一つ何か足りない感じがする。

魅力的なデザインに子供も大人も関係ないんだよね。
いいものだったら大人の趣味に合わなくても
「こういうの子供は喜びそうだな」と思うもんだから。

そしてそれができていたのがバシンなんだよ。
子供向けの可愛い感じの絵でちょっとプニッとしてるところに
個性があって、俺が見てもいいって思ったもの。

前にやれてたことができてないってのはなあ。
なんでこう無個性なのか。

OPの最初がアメコミ風だから海外進出を狙って
あっさり目のデザインにしたのかもしれない。
でもなあ…。


あとスピリットもカッコ悪いんだよね(笑)。

ドス・モンキは死ぬほどカッコ悪いし(笑)、
ロード・ドラゴンもキンタローグ・ベアーもカッコ悪い。

せめてデジモンみたいにデフォルメしたキャラにすればいいのに、
いつも通りのCGキャラに桃太郎とかの恰好をさせてるから
余計に違和感が出てる。

でも桃太郎だけかと思ったらおとぎ話を
モチーフにしてるのはいいと思う。

それに動きは相変わらずいい。
4話のジーク・ヤマト・フリードがクルクルっと回りながら上昇して
ルナティック・ストライクヴルムを斬りつけるのはカッコ良かった。
ヤマトぐらいになるとさすがにデザインも良くなってるしね。

ちなみにキジ・トリアがくちばしでつつくのは笑いました。



キャラについては、なかなか悪くないと思えてきた。

キマリは表情豊かでこのアニメを盛り上げてる。
だんだん可愛い気がしてきたしね。
イケメンよりもハトが好きなのは小学生らしい。

生徒会長もキザったらしい奴かと思ったら主人公とバトルできなくて
残念がったり、妙にポーズがカッコ良かったり、
単純に変な人という感じだった(笑)。
テガマルに攻め込まれて動揺しまくってたのはやや残念。
弟は2期のズングリーみたいな体型ですね。
あと、イケイケスタイルのコールで
右の方にいた女の子が可愛かった(笑)。

チャンピオンは今のところ普通。
ヤマトタケルの姿はカッコ悪かったです(笑)。
大人なんで、主人公に負ける展開になると違和感があるが、さて。
精神世界な会話は今期でも健在と判明しました。

アントニーはまた出番があるかは分からないけど、
バトスピカードをあげてるのかと思ったら
自分のブロマイドだったのは面白かった(笑)。
主人公が喜んでたのは理解できなかったですけども。


その主人公は、ふりかけ好きでアイキャッチでも茶碗を
持ってるようなキャラが全く魅力を感じなかったけど、
3話で自分のヒーローであろう生徒会長が負けて悲しそうな弟に
「お前の兄ちゃんも強えな!いいバトルだったぜ!」と声をかける
とてもいい優しさを見せた。

主人公のくせにキースピリット召喚を恥ずかしがるのも新鮮。
「よーし今日も元気だ!ふりかけごはんが美味い!」のセリフが良い。
口癖の「上がってきた」を聞くと輝きのタクトを思い出してしまう。


そしてテガマル。
テガマルは実にいいね(笑)。
ドラゴンボールで言うとベジータなキャラだけど、
「スピリットに愛……嫌いじゃないぜ」とちょっと愉快で(笑)。
テガマルでこのアニメを見続けてるようなもんですよ。

異名は「仁王立ちのテガマル」。
負けるときは立ち往生しそうな予感がある。

テガマルはいい。
一番好きなキャラですね。



デザインがあれなんでストーリーは完全に子供だけが
ターゲットだろうと思ってたら、これがなかなか悪くない。

キャラがにぎやかでとりあえず退屈はしない、が1話を見た印象で、
そこからさっき書いたように少しずつキャラが動き出してきてるし、
4話で普通に生徒会長が主人公といたのは驚いた。
あ、このキャラただの脇役じゃないんだな、と(笑)。

見た目からしてあまり話に絡んでくる感じじゃないから、
そんな生徒会長がもし普通に仲間としているのなら
どんなアニメになるのか興味がある。


舞台設定はちょっとだけ科学が進んだ現実世界で、
まあこの手のアニメの基本ですね。

12宮Xレアとかも普通に存在してるから設定は
今までで一番現実に近いんじゃないだろうか。
禁止カードのミカファールに触れたのは
苦笑もんかもしれんけどね(笑)。

バトルもより実際の流れに近く、特に4話のバトルの心理戦と
畳み掛ける展開は今までにないもので、カードゲームを知らない俺まで
興奮する主人公たちと同じように盛り上がった。
これは結構凄いことだと思う。

新シリーズで対象年齢を下げたから
またルール説明をしてくれるのもありがたい。
おかげで軽減コストがどういうものか理解できたよ。


最初は全く期待してなかったけど、このアニメ結構やるかもしれん。

この調子で良くなって行ったら、デザインだけはどうしようもないけど
話やキャラの魅力で十分楽しめる可能性はある。
感じさせる。

ただねえ、前期をダシにして今期の目玉であるバーストを立てるのは
いかがなもんだろうか。

3話で負けたのがライジング・アポロドラゴンとスピニード・ハヤトの
ブレイヴ、すなわち前期の主人公であるダンのキースピリットで、
4話で負けたのはルナティック・ストライクヴルムのブレイヴ、
ダンのライバルであるバローネのキースピリット。

こういう手法は確かにあるよ。
でも前期が好きだった人間からすると気分は良くないでしょうよ。
俺はまあ最終回がいまいちだったから思い入れも失せたけどね(笑)。

売り出したい気持ちは分かるけど、
そのために他を貶めるようなことをするのは感心しない。

昔から言われてることだと思うし、こういうのは止めた方がいい。

ついでにもう一つ言うと、4話でアントニーが負けてたけど、
その前に言った「起死回生のカードが来るはず」のセリフを
ちゃんと回収してもらいたい。
何にもないから「あれっ?」て感じになっただろ(笑)!
来なかったんなら来なかったと言ってくれんと(笑)。



う~ん、こんなところか。
長くなったけど新番組でしかも4話分だしね。

次回・5話はテガマルの下っ端と主人公のバトル。
これで勝ったら次はテガマルとだろうから早いな。

ところがテガマルのデッキでバトルすることになるようで、
主人公が勝てるかは怪しい。

まあぶっちゃけテガマルがどんなリアクションをするかが
一番の楽しみですがね(笑)。

だんだん良くなってるんで頑張ってもらいたい。
前期であるブレイヴが最後で評価を落としたんで
いくらかこっちへの期待感が出てきてる部分もあるしね。

ハッ、もしやそれがブレイヴ最終回の狙いだった!?
というのは冗談半分ですが。

今のところ見続ける予定なので面白くなってくれることを祈りたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バトルスピリッツ 覇王「第4話 頂点の激闘!龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード!」/ブログのエントリ

バトルスピリッツ 覇王「第4話 頂点の激闘!龍の覇王ジーク・ヤマト・フリード!」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2011/10/13(木) 11:05:15

◎バトルスピリッツ覇王第4話「頂点の激闘!...

全国大会の説明回だった。バトスピの世界チャンピオン、アラタも登場。バトスピ世界チャンピオン、薬師寺アラタと、ワールドランキング2位のアントニーとのエキシビションマッチを...

  • From: ぺろぺろキャンディー |
  • 2012/03/28(水) 20:14:11

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する