バトルスピリッツ ブレイヴ 49話

  • 2011/09/04(日) 01:10:32

本当は「星空の王者」をあと1、2パック買ってここで書く
予定だったんだけど、買うの忘れちゃった!テヘッ!

まあこれが運命という奴じゃないですかね。
それにちょっと調べたことで確証はないんだけど、
「星空の王者」はハズレがないらしいんだよね。
本来のレアカードの他にスペシャルXレアが入ってるから。

まったく、Xレアが出まくるのに素直に喜んじゃったじゃないの。
おかしいとは思ってたんだよ。
だからスペシャルXレアが出た場合は実質ハズレで、
そう思うと買う気がガクンと落ちちゃってね。

まあそんなわけだから買わなくても別に問題なしということで
本題に入りますか。



デュックとシーマ。

確かにデュックの考える世界は魔族の支配が前提だったと思う。
それでも他の魔族に比べればずっと平等な考えをしていたのは
考慮したいところ。

そこに現れたイザーズ。
これ、デュックが挨拶してるときのシーマの顔が冷たい視線ですらない
死んだような無感情なのにすんごく笑ってね。
もうおかしくておかしくて。

でも見続けるうちに今回は全体的に絵が変なのに気づいて
「なんじゃい」って拍子抜けしました。
ラスト間近なのに絵のクオリティ落とすなよ!

話を戻すと、右腕を改造されたまま戻らないのに許すデュックは
寛大だなあと思いました。



最後の会議。

現在、地球のコアが大人しく、この後かつてない最大級の破壊が来る
可能性があるんだとか。

と、ここで地球リセット回避のための作戦名が発表される。
その名も「オペレーション・ゾディアック」。

満を持して発表したつもりが、「ひねりも何にもねえな」、
「まあ、ギャランドウ君のセンスですから」と一蹴され
動揺する剣蔵。

あの、まあね、カッコ悪いわけじゃないし俺も含めて
結構みんな良いと思ったはずですよ(笑)。
ゾルダーたちはひねりがないのが気に入らなかっただけで。

あとスタッフよ、「ギャランドウ」じゃなくて「ギャランドゥ」の方が
俺はいいと思います(笑)。



まゐを気遣いにきたシーマ。

アンとファンが抱きしめるシーマの姿に「お母さんだ~」と
反応してたので、シーマの育てられることになるかもしれない。


ダン、クラッキー、硯、男同士の語らい。

大事な友達を失うかもしれないことを考えると冷静でいられない
硯とクラッキーはさすが仲間といったところであるが、
ダンは何を言うでもない。
ったく、この男はよ(笑)!



クラッキーとアンジュに、グラン・ロロにいたとき
まゐとバトルしたことを話す。

口を開けばダンのことばかり、一緒にいると自分らしくなくなると
光主から抜けようとしたまゐ……ああ、そんなこともあったね(笑)!
前回のまゐもらしくなかったと言ったクラッキーに、
あのときの恋する彼女が本当のまゐと言うアンジュ。

なんだろう、スタッフはまゐは昔からダンが好きだったことに
したいみたいだぞ(笑)。
待て待て待て、前回も書いたけどまゐは前期の最終回で
セルジュに自分もグラン・ロロに残ろうかと言ってるわけですよ。
当然引き止めて欲しいからで、そりゃまあ最後にちょっと甘えたとも
考えられるけど、あの場でああいうことを言うのはつまりさあ。
断られたときあっさりしてたのも答えが分かってたからだと思うしね。

最終回でダンとは何もなかったはずだし、前期から好きだったとは…。
多少は気になっていたとしてもあくまで本命はセルジュでしょう(笑)。

ま、それはそれとして寄り添う二人。
結局、自分達がいちゃつくネタにしおったな(笑)!



バローネ達。

地球にコアを打ち込んだのは魔族なのだから
魔族が決着をつけなければならない。

なるほど、すっかり忘れてたけどその通り。
なんだ地球リセットは全部魔族が悪いんじゃないの!

オラさっさと責任取れよ、あと地球上の生物を滅ぼしかけた
大悪党なんだから今後二度と偉そうな面すんじゃねえぞ、
と言う人間のいないこのアニメの優しさ(笑)。

引き金を引く気マンマンのバローネは、フローラの運命の再会を
祝福したり、生きた証として自分の土地であるローマに
墓を立てて欲しいとイオラスに頼んだりする。
死ぬ気もマンマンですね(笑)。



デュックにルガイン、ユース、そしてイザーズ。

次の世代が育ったこともあり隠居すると決めたデュック。

それはいいんだけど、すっかり毒気が抜けちゃってる
イザーズはどうなんだろう。

「仮面を取ったあんたはもう敵じゃない」とか、
完全に許されちゃってるんですが。

いや、ダメだろ。
魔族絶対主義組織がテロを起こしたなど世界を混乱に陥れたことや
獄龍隊とジェレイドを生贄にした罪の償いが全くなされてない。

まだ俺は最終回で引き金を引くのはイザーズである可能性を
諦めてないので、ここで断定はしない。

ただ、一応はっきりさせておかなければならないことはある。

死刑にするかはともかく、イザーズは絶対に裁かれなければならない。
許す許さないを決めていいのは被害者だけだぞ。

地球リセット回避後を新しい始まりとするのは分かるが、
全てをなかったことにするのとは違う。
悪党の犯罪までチャラにされてはたまったもんじゃない。

スタッフがリセットという文字を眺めているうちに
人々の意識から犯罪まで全てをリセットするというような
勘違いをしてなければいいが。

ここまででいろんなボロを出してるから信用できないんだよね(笑)。



最後のバトルの前に見送られるダン。

さっきのバローネが言った言葉といい、どうやらゾルダーとフローラは
前世の記憶を取り戻したらしい。

ね、こういうことなんですよ(笑)。
すっごくいい加減かつサラっと話を消化してる。
こういうのがあるからスタッフが信用できない(笑)。

クラッキーが気を利かせ、コアブリットの前で待っていたまゐ。

おおおおおブチューーーっといったああああああ(笑)!!!
頬から首を撫でるように手を回して一気にまゐの顔を引寄せた(笑)!!
ダンさんプレイボーイ!

しかも部屋を出たまゐの表情と髪を直す仕草ときたらもう!
完全にキス以上のことをやってる態度だよ(笑)!

いやまあ場所が場所だしキスだけなんでしょうけどね(笑)。
前回あたりで書いた、大人と言うには早いキャラに大人の物語を
させてるちぐはぐさというのをここでも証明してしまったわけだけど
今はそんなこといいです(笑)。

十分楽しませてもらいました(笑)。
ひゃっひゃっひゃ。


そんな満たされた様子のまゐと話にきたプリム。

ソフィア号のみんなは家族だと思ってる。

そういや孤児だったな。
まあ…もう少しで解散しますけどね(笑)。



バトル開始。
イオラスの影響か、バローネを送り出すクルーまで
任侠のような挨拶になっとる(笑)。

ターン開始に合わせてコアシップもトラクタービームを発射。

ダンはジェミナイズ、ドラゴニック・タウラス、サジットの3体、
バローネはキャンサード、アスクレピオーズ、
ストライクヴルム・レオの3対を召還。

ってうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
このBGMは前期のメインテーマじゃねえかああああああ!!!!!
メインテーマも何も正しい曲名知らないけど!!!!

ここでこれか!!!
平凡な出来の前期の中で数少ない素晴らしい部分であるこの曲を
ここで使うとは、うわああ、たまらんね!

聞いての通りホンット名曲ですから!
燃えるどころじゃない、燃え上がる曲。
いやー、テンション上がったなあ。
素晴らしい。


あと、よく考えたらこのバトルは12宮Xレアを出しまくって
エネルギーを稼げばいいだけの生ぬるい物なわけなんだけど、
そこに勝った方が引き金を引くという条件をつけることで
緊張感を出しているのも考えられていて良い。


まゐのモノローグ。

ダンはいつも自分のことより誰かのために一生懸命だった。
ダンとバトスピに救われた人間と魔族は大勢いる、まゐ自身もそう。
自分たちが未来に来たのは元の時代で立ち上がる勇気を
もう一度持つためだった、自分たちはもう大丈夫、
元の時代に返っても戦っていける。
これからの時代、ずっと一緒にいられたら……。

こういうの見ると本当に終わりなんだなと思うね。
うん。



さあ、バトルの決着は……っておーーーーーーい!
ここで終わりかーーーーーーい!!!

次回へ持ち越しかいなあ!!!
なんちゅうこった!

というわけで今回はここまで。
長くなったなあ。
まあもう終わりだからね。

予告ナレーションで最後のブレイヴとか言ってたけど、次が最終回?

あ~、う~~ん、どうなんだろ。
Aパートでバトルの決着、砲台発射として…エピローグ足りるかなあ。

ハートキャッチプリキュアがよぎる。
あれも最終回がダメでね。

ちゃんとして(笑)。
残念ながら「このスタッフなら大丈夫」とは言えないので、
普通にちゃんと終わらせてもらいたい。
それでいいんだから。

最終回も時間が足りませんでしたみたいなのはなしでお願いします。

頑張れ!
ここまで見てきた人間のために!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バトルスピリッツ ブレイヴ「第49話 神々の砲台 十二宮Xレア激突!」/ブログのエントリ

バトルスピリッツ ブレイヴ「第49話 神々の砲台 十二宮Xレア激突!」に関するブログのエントリページです。

  • From: anilog |
  • 2011/09/08(木) 07:58:42

この記事に対するコメント

みんなで話した。
硯 「やっと死んでくれたか。馬神弾」 クラッキー 「俺がカタキを打つはずだったのに」 まい 「嫌ああああああああ!!」の時(ありがとう!死んでくれて)

  • 投稿者: 名無しのごんべい
  • 2011/10/25(火) 17:38:11
  • [編集]

コメントありがとうございます。
すいません随分遅れてしまって。

ええと、それでこれは…ダンのそっけなさに対するツッコミと
捉えてよろしいでしょうか(笑)?
確かに全くいいところがなかったら
こんな感じになってたかもしれませんね。
ダンにも困ったものです(笑)。

  • 投稿者: chocobis
  • 2011/10/28(金) 20:23:54
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する