バトルスピリッツ ブレイヴ 48話

  • 2011/09/04(日) 01:09:32

「星空の王者」、1パックまた買っちゃいました(笑)。
開ける前のワクワク感を味わっちゃったしここで書くネタでも
あったんで、ないと物足りなくなってしまった。

今回出たのは以下の8枚。


暗殺者ドラゴナーガ、キグナ・スワンMk-II、モッズ、カメレオプス、
ミノガメン、チョーター、北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(黄)、
オリンピアの天使オク。


出ましたありがとうXレア。
北斗七星龍ジーク・アポロドラゴンの黄色でございます。

インデックスカード2の後ろにチラっと黄色くギラっとした
カードが見えちゃったんだけど、でもこの色のXレアというのは
想像しにくくてあんまり期待してませんでした。
スペシャルXレアの一枚ですね。
6色あるうち何色が人気なんだろうか。

それにしても恐ろしいまでのダブリ率。
8枚中5枚?
まだこれで5パック目なのに?
3パック目で4枚被ったのに比べると……同じくらい不運?
絶対おかしいと思うよ。
リストを見ても出たコモンは半分に届かないのに。

そんな中、初登場はカメレオプスとオリンピアの天使オクで
カメレオプスはバトスピらしいデザインなんだけど、
オクはどちらかというと萌え絵に近い感じ。
クラッキーが女型スピリットをベイベと呼ぶのも頷けるね。


さてこれで5パック、1000円分買ったことになる。
今度こそもう買う必要はないかなと思うんですが、
また次回は近くなったら欲しくなるのは間違いないわけで(笑)。

最終回がいつか知らないけどあと2パックは
買うかもしれない。
サジットかレオか12宮Xレアが欲しいしね。
特にホログラムのが。

まあ全ては運命に任せよう。
ところで、レアとか期待のカードの前にインデックスを
挟んでいるのは上手いと思います。



いやー、直球だったね(笑)。
ストレートに告白しましたか。
「あなたのことが好きなの!」つってね。

気持ちは伝えてもそのまま言葉にするかはやる側の判断なんで
どうかなと思ってたわけですよ。
好意を示す表現は「好き」だけじゃなく
「ずっと一緒にいたい」とかたくさんあるわけで。

はっきり口にしましたか。
バトルを挑んだのも純粋にダンを止める目的でした。


ただ「愛してる」は言いすぎではないか。

だってダンが15でまゐが16くらいでしょう?
その年で愛を口にしても重さが足りない(笑)。
せめて18、9じゃないと。
シビアな人生だったとはいえ、う~ん。

何度か書いたけど、このアニメは70、80年代くらいの、
子供から少し年齢を上げた王道を意識して作ってるはず。

ただこのアニメの場合、元が13歳からスタートしてるから
その二年後といっても15歳で、大人と言えるほど
成長してないんだよね。

そこでズレが生じてしまった。
少年から少し年齢を上げた王道とは、
つまり主人公が青年なんだよなあ。

けれども、このときのまゐの表情はとても良かった。
だから愛してるにはビックリしたけど(笑)、
シーン自体はよくできていたと思う。


それにセリフも良かったんだよね。

「だから私に負けてよ!」
「そんなの分かりたくない」
「私はあなたを失うために未来に連れてきたんじゃない!」
「お前が俺を救ったんだ。ありがとう」

うん、良い。
気持ちをとてもよく表せてる。
よく伝わる。
「あなたを失うために~」を聞いてもまだ「じゃあ他人なら死んでも
いいのか」なんて本気で考える奴は、性格が歪んでます。
気をつけましょう(笑)。

二人以外でも、「ヴィオレ様、ありがとうございました」と言う
ガスパールも良い。
「後は任せてください」とか「魔族を救おうとしたあなたの意思は
受け止めました」とかここで使える言葉は他にもあるけど
「ありがとうございました」はその全てが詰まってる。

たとえ基本だとしても、あれこれ考えちゃった俺には
良いセリフなんですよ(笑)。


演出の良さも忘れてはいけない。

両手を広げてライフで受けるまゐに、
倒れていくまゐを受け止めるダン。

この後の二人が寄り添う姿は、少し前の回想でもあった
1話の未来へ向かう二人を再現したものだと見返して気づいた。

まゐの表情は寄り添う最初から笑顔気味じゃなく
最後になってからにした方が良かったと思うけど、
悪くない演出だと思う。
そもそもまゐを倒したのはダンなんだけどね(笑)。


総じて見れば愛の告白もして、ダンの元に戻って、
二人の関係の締めとして非常に良い回だったといえる。
十分楽しめましたよ。
「愛してる」には「え?」ってなったけど(笑)。

ダンは下手に「好き」と言わなかったしね。
「お前が必要だ」、これでいいの。
これがダンの性格ではベストな伝え方なのです。

ちなみに今回を見るとまゐは前期からダンが好きだったような
気がするけど、前期では最終回でセルジュに自分もグラン・ロロに
残ろうかなと言っているので、違うと思う。
前期ってヒロイン不在の珍しいアニメなんだよね(笑)。

まゐは前期の後で人類の敵みたいに言われるなど、辛い立場に
置かれたときにまっすぐな激突王・ダンを思い出し、それから行動を
共にするにつれて気持ちが傾いて行ったんじゃないだろうか。
最初は恋愛というより頼る気持ちだったと考えた方が正しい気がする。

でもあれだぞ、セルジュに振られてから他の男(ダン)にすがろうとした
まゐはビッチとか言っちゃいけないぞ(笑)!
しかも途中でバローネに浮気したなんてもってのほかだぞ!
ガスパールをセルジュの代わりにしたとかも言うなよ!
絶対だぞ(笑)!



では最初に書いてから随分遅れたけれども続き、
その他今回あったことを書いていこう。


引き金を引くのは誰か。

有酸素運動君はさておき、引き金を引いた後コアブリットを
強制的に引き戻せる可能性が出てきた。

…ちょっとまて。
当たり前のように言ってるけどコアブリットごと死ぬ設定なんて
今初めて聞いたぞ。
コアブリットで引き金を引くのも……
初めてのような前に聞いたことがあるような。
ホント後半になってから説明不足が目立つアニメだな!

でもそれが上手く行くならダンは引き金役になっても
問題ないということか。
イザーズがやると思ってるんだけどなあ。
しかも魔ゐの奴が「12宮Xレアを使いこなせるカードバトラーは
イザーズだっているじゃない」とか言ってたでしょう?

もしイザーズがやるんならここでこんなセリフは
言わせないはずだから、非常に怪しくなってきた。
高度なトリック……はないと思うんだよなあ。

でも死なずにすむんならダンが帰らない理由がなくなるわけで、
残り数話にして予想しづらいことになってきた。

トラクタービーム発射管をたくさんのコアシップに
取り付けるアイディアは悪くないと思います。
全員が集結して協力する展開を作るためとして上手くはまってる。



バトル。

二人のバトルは初めて。
そういやそうだった?

ダンが現代に戻らなかったことを魔ゐが明かしたのは一瞬驚いた。
よく考えたら明かさない方がむしろおかしいぐらいなんだけども。

今回のダンはダブルブレイヴしても普通だったね。
そのときのテンション次第というわけか。

ブレイヴキラーであるダークヴルムをブレイヴした上で倒す、
完全勝利をここでしたのはなかなか良かった。
ジークヴルム・ノヴァのBPが10000以下だったのは
「あれ?」って思ったけどね(笑)。

ズングリーやマギサ、勇貴も含めての回想シーン。
懐かしい感じともう間もなく終わりという感じがするね。
ダンと魔ゐがいやに幼く見えたけど、元からあんなだったっけ?



ヴィオレ魔ゐの功績。

魔族の移住を進められたのは魔ゐの尽力によるもの。
ええ、そうですね。

しかし完全ではない、全てを救うことは不可能。
だからこそ最後のバトルに挑む、とバローネ。

もちろんバローネは魔ゐの功績を否定してるわけじゃないですね。
そしてダンに勝って魔族を納得させるとかでもなく、
地球リセット回避のためバトルをして12宮Xレアのパワーを
チャージしようということでしょう。

バローネの言う全てとは「全ての魔族」ではなく
「魔族も人間も地球に生きるもの全て」という意味ではないか。
……あれ?
これずっと前に書いたような気がするぞ?
たぶんどっかで書いてるね(笑)。



次回はダンのバローネの勝負。

これまでの戦績は、最初のバトル、魔族を治めるためダンと袂を
分かつバトル、とバローネが2勝している。

対するダンは1勝なので、ここで負けたら意味がねえぞ主人公(笑)!

おそらく最後のバトル、しっかり勝ってもらいたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する