青の祓魔師 14話

  • 2011/07/19(火) 01:47:07

面白かったです。
たまにこういう問題のない回があるのはこのアニメのいいとこですね。



今回は合宿だかキャンプだかということだけれども、
まず燐は得意の料理でみんなに感心されていい雰囲気を共有できた。

試験では、マッチが一本しかなく灯篭に使うか救難信号の花火に使うか
迫られるシステムや、奪い合う目的かと思いきや協力しなければ
クリアできない作りだったこと、灯篭を持ち帰る間に入れられた試練、
灯篭が悪魔だということを活かした試練クリアの方法、と
いくつもの捻りがあった。

試練をクリアするための方法を説明するのにトサカ頭が
絵で説明するなどのユーモアもあったし、
今回は終始飽きずに楽しめる内容だったんじゃないだろうか。
とても良かったと思う。

あえて不満を言うならメフィストとアマイモンがまた出てきたので
少しは関係ない話があってもいいんじゃないかなというくらい。
たいしたマイナスじゃないですね。



ちなみに今回も立ち読みしたんだけど、それはAパートの
トサカ頭が目撃したかもしれない、というところまでだった。
まあその回の冒頭にあった燐の幼稚園の話とクロと遊ぶシーンは
前回に入れられてたんでね。
自然とそうなりまさあな。


あと今回も細かく違ってる。

シュラの荷物も持つ燐を見た変な髪の色の…志摩ね、志摩は
原作だと冗談で悪魔とか化け物じゃないかみたいなことを言ってた。

料理が得意なのを唯一生産的な特技だと言う雪男に対して
燐は原作だとホクロメガネじゃなくただ「メガネ」だったと思う。

上着を脱いだ雪男には本当は暑かったんだなとか言ってたはずで、
シュラに切れた雪男にはトサカ頭らが「素が出た」と言ってた。

「兄さんをよく見てるんですね」としえみに言う雪男の表情は
原作だと嫉妬まじりに見えた。


とまあ大体自分が読んだ範囲だとこれくらいだと思うけど、
気になったのは後半の二つだろうか。

「素が出た」はこれで雪男の本性や悪魔の子供らしさが窺えるので
削ると結構雪男に対する印象が変わってしまう。

「兄さんを~」は見てすぐ「本当に三角関係やっちゃうの?」
っていう不安に襲われてねえ。
いかにも女的でジメっとした表情なんですよ。
アニメだと軽くて助かったと思ったよ。
恋愛はなあ、ちょっとなあ。

そうそう、シュラの乳もそんなに押してないです(笑)。
シュラに体をくっつけられても反応しない燐をストイックで
主人公らしいと思う人間は必ずいると思うんだけど、
あれは原作がそんなにエロさを出してないからです(笑)。
シュラがお色気目的じゃないから燐も普通なだけなんですよ。



今回はこんなとこか。

他には…えーと、灯篭の女が好物というのは目がハートマークなのを
見る限り、エサとは違う意味なのかなあと思いました。

虫に襲われた志摩は意識が飛んでたけど、それは操られたからなのか
恐怖で飛んだのかどっちなんだろうと疑問に思った。

以上ですかね。

次回は、一度は誤魔化せたもののついに燐の正体がバレる?
メフィストはバレてもいいと思っているのか!?

ギブアップしたのは腹話術か眉毛か!?
個人的には眉毛だと思う!

その辺が注目ですね。
では!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青の祓魔師 第14話「愉しいキャンプ」

「なんか… こういうのって初めてだ」 夏休みに入り、三日間の実戦訓練に向かう燐達! キャンプの様な雰囲気を愉しでた燐だけど、危うく力がバレそうになったり…! 結果的に愉しくないキャンプになりそうです…...

  • From: WONDER TIME |
  • 2011/07/19(火) 22:33:06

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する