ハンチョウ シリーズ4 第11話

  • 2011/06/21(火) 05:20:04

いよいよ終盤ですね。
さてどうなるか、不安を抑えつつ楽しみに見たいものです(笑)。



ああ、高野は死んでましたか!

安積が暗い病院を歩く時点で、まさかとは思ってたんですが。
確かにあの位置はやばかったですもんね…。
どう見ても胸でした。

警察官を目指す高野の息子が霊安室にいましたが、
「父さんを返してください」とはぬるいですね。

優しすぎて警官には向いてない、との高野の言葉も
あながち謙遜ではないようです。

ついにハンチョウで身内に死人が出ましたか。
たぶん初めてだったような気がします。

高野もいい人だったんですけどね。
いい人は死んじゃうんですね。



事件の方は、あっさり犯人が特定されました。
中原といいます。

考えてみれば確かに安積に恨みを持つ人間なんだから
過去の事件を洗えば手がかりが出るのは当然なんですが…
何かこう、あっさりという気がしますね(笑)。
妹が自殺していて、安積のせいだと誤解していたようです。


その復讐としてまず安積の娘を狙うことにしたわけですが、
このシーンはなかなか緊張感がありました。

安積は前に撃たれるシーンを何度か見せているため大丈夫だと
分かりきっているわけですが(笑)、娘は分かりません。

安積が囮になって中原をおびき寄せる作戦も
警察の横槍が入る形で終わり、安積の無事こそ分かっていても
その他の展開でこのあたりのシーンは楽しむことができました。

ビルの屋上で村雨たち4人が銃を構えて近づく姿も
カッコ良かったですしね。


このまま中原が犯人のまま物語は進行するのかと思ってましたが、
なんと中原は何者かに殺されてしまいました。
まあ中原が犯人だと今回で解決しそうでしたからね(笑)。

そしてついに撃たれた安積。
未来の姿ではなく本物です(笑)。
あまりにようやくのシーンでむしろ笑ってしまいましたよ。

内藤という男が中原を殺した容疑者として浮かんでおり、
安積を撃ったのもこの内藤ではないかという可能性があります。

でも内藤は以前、銃の密輸をインターネットでしようとして見事に
失敗しただけなので(笑)、狙撃の腕があるとは考えにくいでしょうね。

さらにもう一人、最低いると見ていいんじゃないでしょうか。



次回は……安積が手術を受けてました。
なんだ、バッチリ生きてるじゃないですか(笑)。

まあ高野が死んで安積も死んだらおかしい気がしますもんね。
犠牲出すぎですよ。
お墓の前に安積班がいたのはまあ、高野の墓でしょう(笑)。

安積は当分動けないでしょうが、村雨がいるから班は問題ないでしょう。
前に村雨を試した回はここにこそ生きましたか。
いい展開だと思います。


真犯人については、個人的には滝本が怪しいんじゃないかと思います。

何かと突っかかってきて感じの悪いキャラとして登場し、
中原の誤解と知ったときから安積への態度が変わり、
そして安積を捜査に加えるよう提案してきただんだんいい人に
なってきた滝本ですが、なにか怪しい(笑)。

事件の鍵となる中原の妹の自殺した理由に、
滝本が何か絡んでるんじゃないかという気がします。

中原が安積を恨んでいたのは手帳から分かったことにせよ、
滝本が持ち出した情報だし、内藤が犯人だと最初に言ったのも
滝本でした。

内藤は犯人じゃないですよ。
予告で車に内藤を誘ったのは須田に見えましたもの(笑)。

むしろこれで滝本じゃなったら……そのときはまあ、
謝るだけですが(笑)。

ゲストインタビューをちらっと読んだ感じだと
犯人じゃないかもしれないですね。
どっちとも取れるのが憎いところですよ(笑)。


ま、とにかく次回を待ちましょう!
いよいよ次で最終回です。

不安に気付かない振りをしながら期待したいと思います(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する