バトルスピリッツ ブレイヴ 38話

  • 2011/06/13(月) 17:19:35

スーパーにバトルスピリッツウエハースというのがあったので
ついうっかり買ってみた。

21種類のうち約半分がブレイヴ済みのジークアポロとか
レアなカードだから、まあいいのが出るだろうと思って開けてみると、
「黒翼竜バーン・クロウ」。

うそおん。

で、それからまた買ってみて、今度は二枚目だし当たるだろうと
思いつつ開けると「獣装甲メガバイソン」。

うそおおん。

なんだよもォーッ。
でもまあ両方ともブレイヴだしアンコモンでコモンよりは
いいんだろうし、何よりアニメで出てたから悪い気はしない……
とはいうものの、なあ(笑)。

あ、たださあ、カードはチョコの下に入ってるんだけど、
裏向きにしてあるのはめくって見る楽しみがあって非常にいいね。

それから裏面を光に当てると模様がはっきり見えたり、
カードも全体的にちょっとキラキラしてて、
思ったよりずっと高級感がある。

もっと紙っぽいだろうとイメージしてたから見直したよ、うん。

これが俺の初めて手にしたバトスピカードかあ……。
なんだかちょっとワクワクするね(笑)。

イラストは全種新規絵柄ということは書き直してるんだろうけど、
実際のバトルで使えるの?
特に「ジーク・アポロドラゴン(ブレイヴバル・ガンナー)」とかの奴は
最初からブレイヴしてるって意味だよな?
いきなり出せちゃまずいでしょう(笑)?
他のカードとブレイヴできないみたいな制限があれば
いいのかもしれないけど…。

ま、実際やることはないし第一それらを持ってないんだからいいか(笑)。



予告通り、今回はバローネが決別しました。

まあ言い分はわかりますけどもね。
指導者不在の魔族を取りまとめなきゃならない、と。

だからむしろそれを聞かされたダンが最初に今は人間とか魔族とか~と
言ったことの方が不可解だった。
混乱の収束は急務でしょう。
提案自体に異論の余地はない。

あとリセット回避後のことはいつでも考えてる、と言いながら
魔族と人間の全面対決が起こる可能性について言われたら
驚いてたのも(笑)。
何も考えとらんじゃないのよ(笑)!


でも、全面対決かあ。
まあ混乱が進めば暴動も起きるよなあ。

力に勝る魔族が人間を滅ぼすというのはちょっとショックだね(笑)。
そこまで差があったのかと。
よく考えてみれば魔族が支配してる地域の方が
圧倒的に多いのがその理由なんだろうけどね。
軍事力とかを握ってるわけですから。

パニックになってしまえばバトスピも役に立たず、
結局暴力が物を言うようになるのか……。
これが一番ショックだよ(笑)。


ユースやルガイン、ザックみたいなのはあくまで少数、
それを基準に語ることはできない。
時が必要というバローネはいちいちもっとも。

とはいえ、だから価値がないとかじゃなく、ルガインの国なんてのは
これからの理想を実現させるモデルケースになるんでしょう。

人間も魔族も一緒にというのは最終目標で、今はその長い道のりの中の
踏み出したとすら言えないような段階、そりゃあ時は必要です。
憎悪と差別の感情は明日から忘れられるようなもんじゃありませんとも。


ただ今回、決別だの袂を分かつだの言ってたけど、
まとめてみれば何のことはない、
これからは別行動するってだけの話なんだよね(笑)。

今までは魔族とか人間とか言わず、12宮Xレアを集めて
地球リセット回避へ一緒に頑張ろう、という目的でバローネは
ダンたちと行動してたのが、今ちょっと魔族が混乱してて大変だから
俺あいつらの面倒見てくるわ、というだけですよ(笑)。
バローネが言ってるのは。

立場は「仲間」から「魔族の王と人類軍」という形にこれからは
なるだろうけど、別に対立したわけじゃない。

12宮Xレア探し、極点探しはお前たちなら必ず成し遂げるだろうと
ダンたちに言ったのがそれを証明してる。

これらのことは任せた、と言ってるわけだから。
そしてそれは自分は他にやらなきゃいけないことができたから
降りざるをえない、ということだから。


なのでねえ……普通に言えば良かったのに(笑)。

決裂とか言わなくていいんだよ。
そしたら違う道を歩むことになった仲間に対して
お別れパーティーの一つでも開いてもらえたのに(笑)。

今回の決別宣言はまあ、話を盛り上げるための演出ですね(笑)。



次に、今回バローネの決別と同じくらい大きなポイント、
まゐの離脱について。

とりあえずは予告通りといったところでしょう。
この手の作品の王道パターンです。

といいつつ俺もそういう作品見てないから具体名が出ないんだけど(笑)、
おそらく70とか80年代に生まれた、少年が主人公の勧善懲悪アニメから
離れ、少年より少し歳が上でクールなキャラが主人公の
少し大人の作品。

この系譜のアニメであるバトスピブレイヴとしては、ヒロインが
主人公から敵の下へ行く展開は王道を踏襲したものといえる。

何なら通信の最後にダンに告白でもするかと思ったけど
さすがにそれはなかった(笑)。
前回の最後で肩を抱いたばかりなだけに
ダンさんも汗をかいてました(笑)。
暗いところに連れ込んでいけないことでもしたんじゃなかろうな?


なんてのほほんと見てたらなんと!

予告ですごいイメチェンしてバトルしてたァーー!

これはビックリした(笑)。
まさかそこまで魔族に溶け込むとは(笑)。

いくらちょっと大人系アニメでもここまでは……いや、これこそ
その系統の王道か?

ナレーションの剣蔵が「あの名前」と言ってたが、
ということは前期の「ヴィオレ魔ゐ」復活!?
おお、展開は王道でも名前を昔に戻したこと、
しかも魔族側に付く立場にマッチしてるのは非常に良い。
最初から狙ってたわけないだろうし、上手いこと行ったもんだな(笑)。

一体これからどうなるのか見た瞬間は予想もつかなかったけど、
まゐの自分に出来ることとは何なのか、
ちょっと落ち着いて考えてみようか。

もし前線でバトルするような悪の女幹部キャラになるのなら、
魔族の一員として全力で人類軍と戦い、最後は負けるにしても
その姿を見た魔族の中から人間に対して好印象を持つ者が現れ、
魔族の意識を変えるというパターンが考えられる。
これはダンが「人類の敵」と言われる辛さを自分が味わうことと
肩代わりすることにもなり、納得はできる。

でも予告を見ると魔族と戦ってたから、あれは魔族たちに人間である
自分が幹部になることを実力で認めさせるためかもしれない。
そもそも今魔族が人間と戦う理由がないしね。
というか戦うんじゃせっかくバローネが王になる道を選んだ
意味がない(笑)。

とするとやはりあれは自分を認めさせるためで、実際は魔族の内政に
携わることを主として行動するのが目的か。
ソフィア号で全員の面倒を見ていたのと同じように魔族のために尽くし、
例えば魔族の子供に優しくするシーンなんか入ったりして
人間にもいい奴がいることをその身で示すイメージアップ作戦。
うん、こっちの方がしっくりくる。

結構前から悩んでいたまゐがようやく見つけた自分にできること、
実際どうなるか楽しみですね。



今回はこんな感じですか。

ゾルダーの汗を拭くフローラに「汗がもったいないだろ!」は
なかなか意味が分からなくて良かったですよ(笑)。

一文字も合ってない「狛犬のサンバくん」と
激しいバトルの再開を予感させるステラ&剣蔵も良かった。
狛犬はたぶんビャク・ガロウから来てると思うんだけど、
正直ちょっと分かりづらいぞ(笑)。

今回はついにバローネ自ら女王の秘密の避暑地に来ちゃったけど、
絶対ザジにバレたよな。
地図にもないあんな場所にダンたちはおろかバローネまで集まったら
何かあるに決まってるじゃないですか。
ザジが見逃すわけないじゃないですか。
もうちょいみんな考えよう?
ね?

ダンは今回バローネに負けて1勝2敗、主人公なんだから
勝ち越すか、せめて同率に並んでもらいたい。


次回はついにダンたちが宇宙へ?
ダンとクラッキーが同じ恰好してたのは宇宙服だからか。

自分の道を進むと決めたバローネとまゐにも注目だ!
イメチェンして気合十分だぜ!

それじゃあ次回も、
決めろ!ブレイヴアタック!


「来週はゴルフ中継のためお休みです。
 次回は6月26日放送です。おたのしみに!」


ド畜生!!!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する