日常 6話

  • 2011/05/10(火) 20:23:33

一言で言おうと思えば言えるので、ここで面白いとか書くと
追記部分の本題で書くことがなくなるのが
このアニメの困ったところでございます。

もちろんトリコも書くよ。
尺稼ぎのために(笑)。


今回はだいたいなかなか面白かったと思う。
ただ凄く面白いと思ったところはなかった。

……ほら終わった(笑)。
ねえ、一言で言えるでしょう!?

それだけではなんなのでちょこちょこと。

中庭が爆発するのはよくわからなかった。
あともうひとつよくわからなかったのがあったんだけど……忘れた。
それが今回楽しめなかった部分ですね。

キャッチ&リリースはこのアニメで初めてオチが読めました。
やったぜ!
喜ぶところかわかりませんが。

今回はプロレスネタが多かった。
ラ・ケブラーダとかドラゴンスクリューとか。
プロレス詳しくないですけどね。
前回あたりのだるまみたいに、その回で押すネタを決めてるんだろうか。

声優の演技もノってきてるのはいいんだけど、
時々キャラをはみ出して声優本人が出てくるよね(笑)。
違う声になってるときがある。
まあ…別にいいです。


以上。
京アニ云々とかシュールについての話は今ちょっと億劫なので
また今度にしよう。





トリコ。

ノッキングマスター次郎。
トリコらよりも上のようなんだけど、リーゼントとその顔がなあ(笑)。
島袋は本当にデザイン力が問題ですね(笑)。

上と言えば、今回の最後にトリコらが本気で警戒する敵がでてきたり、
本当にトリコには最強感がない。
いかにもヒーロー然としてるのに、珍しい。
まあ前に書いたけど、違った面白さを出せればむしろ個性なのでね。
気にせず見ましょう。

小松はトリコの後をついてくるだけのキャラじゃなく、
一流の料理人というのがいいね。
見せ場があるのが。
調理の難しさを爆弾の解体に例えたのは分かりやすくて良かった。


なんだかんだで安定してると思う。
侮ってはいけないですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日常 第6話「日常の第六話」

河童の絵に受けかな? その発想はさすがに腐ですね(^^;  ゆっこは英語壊滅なのに何で英語表記したがるかなw 廊下に立たされた ゆっこの前で唐突に始まる不条理バトル!(笑) 鹿VS校長…なんだこ...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/05/10(火) 21:36:38

日常 第6話 感想「日常の第六話」 

日常ですが、授業中にイラストしりとりをします。教室には「来たれ!囲碁サッカー部」などのメッセージも貼ってありますが、「ナタデココ」「毒蛇は急がない」なども健在です。「納戸管理人」もありますが、廊下には「人生は急がない」という箴言もあります。(以下に続き...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2011/05/12(木) 23:38:04

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する