日常 2話 とついでにトリコも

  • 2011/04/13(水) 04:47:26

気軽に見て思ったことをさくっと書こうかなということでございます。

と思ったらいつものように長文に。
どうもすいません(笑)。



日常2話。

2話ともなれば作品の見方もわかり、何気ないことで
クスリとしちゃうなど好意的に見られるものでして。
一つの話全体の印象としては前回よりも良かったと思う。
ただまあ純粋なネタの面白さで言うと前回に劣った感はあった。

今回一番面白かったのは片付けの手伝いを断るはかせの話でした。
あと甘食55個入り2750円のお徳用、
3個150円だから全然お徳じゃないよね。
キッチリ1個50円を死守してるよね。


それから……その枚数、自慢?

鼻につくほどやたらと動いてましたが。
原画家も多かった気がする。
毎回できたら凄いっちゃ凄いけど、京アニは一つのアニメに
全力投球する方針なんだろうか。

でもノートをめぐる追いかけっこの話、長く時間を割いて
よく動いた割にはさほど……(笑)。
というかあの青い髪のキャラさあ、あの作品の中では
良キャラだと思うんで余計な趣味を付け足さなくて
いいんじゃないですかね。
なんだか凄い残念な感じになっちゃったようで。

せっかく声優もいいのになあ。
なんていう人なのか知らないけど、演技が生き生きとしてて
キャラの魅力を増してる。
声を荒げたときの演技が特にいい。
それだけでも十分キャラに魅力はあると思う。


あとOP。
歌ってるヒャダインってニコニコ動画の出身でしょう?
同人臭いからニコニコは絡んで欲しくないんだよなあ。

ヒャダインの声が素人臭くておまけにいかにも素人がちょっと
おどけてみましたみたいな歌い方をするから始末に終えない。

本人は元々プロらしいからそこは少しだけ見直したし
サイトも一応企業が運営してるらしいんだけど、
2chの元管理人・ひろゆきが紹介したというのもあるせいで、
どうにもネットユーザーが集まって生まれた場というイメージが強い。

だからそんなのを使われると作品が安っぽくなるし
製作者のプロ意識も疑いたくなる。

不快です。
全然ニコニコしてられんからよその空気を持ち込まんでもらいたい。

しっかし、ゆとりにとってニコニコってなんなんだろうか。
何がそんなに楽しいの?

たかが知れてる合成音声に素人の作ったこれまたたかが知れてる曲を
聞くのがどう楽しいの?

生ぬるい馴れ合いの場なわけ?
腐ったのが好むのは理解できるんだけど。

「~してみた」というセンスも気持ち悪いんだよなあ。
最初に使った人間は気恥ずかしさもあっただろうから別にいいですよ。
でもそんなつもりもないのに使う奴には、
「してみた」じゃねえだろ「しました」だろ、と言いたくなる。

あの輪の中に入ろうなんて1ベクレルも思わない。
冗談じゃねえや(笑)。
個々で見て質の高い動画なら純粋に認められていいと思うけどね。

ホント何がいいんだろうなあ。
「現在ハマってます!」という奴だとゆとりらしく噛み付いてくる
だけだろうから「昔ハマってました、今は黒歴史です」みたいな
冷静に話せる人間の意見を聞いてみたいもんですわ。
誰か書かんのかな?


若干話がそれたけれども、2話はそんな感じでした(笑)。
シュールさが強かったと思う。
1話はシュールに見えてオーソドックスなギャグが多かったんだけども。

そうそう、連載されてる雑誌をたまたま立ち読みできたんで原作を
読んだんだけど、それもそんなにシュールじゃなかったな。
面白さを説明できるタイプのギャグだった。

ちなみにシュールとかナンセンスの定義はいまいちわかりません(笑)。
お笑い博士じゃないですもん。

アニメ版は要するにショートコント集だな。

そんな風に思いました。




では次。
トリコ。

どうやら純粋なバトル漫画ではなく怪物のような生物を倒して食べる
グルメ漫画らしくて、それを知ったときは質を疑ったものだけれども、
実際見てみるとなかなか良かった。

両手をナイフとフォークに見立てて戦う格闘術は着眼点がいいし、
食物の大切さという広く言われていることをテーマとして語れるのも
受けが良いはず。
見所のある設定だと思う。
主人公たちが怪物みたいな生物を美味しそうに食べる姿は
子供の好き嫌いの改善に貢献するかもしれないしね。

作品の問題はまず、主人公・トリコに付き従う、
読者に近い立場のキャラがブサイクなこと。
普通のデザインでいいと思うよ(笑)。
なんであんなに不細工にするんだろう。
しかも声優はパクロミ。
食べ物以前の部分でもったいないじゃないのよ(笑)。

あと絵が相変わらず新人のそれであること。
顔が特に。
もう新人じゃないんだから勢いで描くのはやめた方がいいと思う。

それにトリコのコスチュームカラーがオレンジと紺色で
どう見ても悟空です。
好きなんだろうけど、イメージの流用はまずい。


作者は昔事件を起こして、確かそんなたいしたことじゃないから
復帰のチャンスが与えられたのは本当に良かったと思う。
アニメ化をこぎつけられたところまでヒットできたのも祝福したい。

ただやっぱり実力として二流、良くて一流半の匂いがするのは否めない。
低いところでまとまらず、一度全部壊すぐらいのことをして
大きく成長することを島袋には期待したい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日常 第2話「日常の2話」

また今回も『非』日常な日常ワールドのお時間ですw グリコ(のおまけ)から始まった自分ルール。 いきつく果ては、まさかの復活の呪文! もはや、なんでもありですw  ▼ 日常 第2話「日常の2話」  起きたら、目覚ましが止まっていた時は恐怖ですね(汗) ...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/04/13(水) 10:34:11

日常 第2話 感想「日常の第二話」 

日常ですが、シュールなギャグアニメというだけでなくホラー要素や感動的にすらなっています。グリコのおまけというマイルールはともかく、目覚まし止まって遅刻しそうになって走って行くと、玄関先に決してこの世に存在してはならない、あり得べからざるモノがあるわけで...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2011/04/14(木) 22:47:32

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する