輝きのタクト 24話

  • 2011/03/29(火) 00:40:23

やばいやばいやばいやばい。
絶対やばい。

やばいとしか言いようがない。
とても安心して次を見られない。

やっばいぞ~。


今の流れで次で終われるわけないじゃないですか。
やばいなんてもんじゃない。

今までの回でよそのブログを見たとき、あと○回とか書いてる部分は
ネタバレなので意識的に避けてたしここでも書かなかったけど、
心の中ではそんなはずはないと思ってた。

その話数でちゃんとしたラストなんて作れるはずないから。
どう考えてもあと1話いる。

なのにまさか本当に次で最終回とはな。
やっばいやばい。

今まで自分が見た中で、足りなさそうなのにちゃんと終われた作品は
ドラマの「ゴンゾウ」以外ない。
「臨場」1期も悪くはなかったがゴンゾウには及ばない。

それくらい、足りなさそうでちゃんと終われる作品は少ない。


今までタクトを見てきて、脚本の榎戸が何も考えてない人間だとは
思わないが、見過ごせない問題点もいくつかある。
はっきり言って今の展開で榎戸は信頼できない。
コケる可能性も十分ある。

封印のことスガタのことヘッドのこと、全てをおそらく一気に
片付けるんだと思う。

封印が全部解かれたらそれはその時点でクライマックスだから、
一気に片付けるのは驚くことじゃない。

ただしかしスガタ、ヘッド、ケイト、ワコ、タクト、これだけの人数を
描ききるには時間が少なすぎる。

たった1話でどれだけエピローグに時間を割けるというのか。
人妻やら脇役まで合わせるともっとキャラはいるんだぞ。

これで今終わるというなら、細かい話は吹っ飛ばしてテーマ部分のみを
説明し、最後は抽象的なシーンを入れることでその後の世界・キャラを
受け手に想像させて終わらせるのが常道だろう。

だが、それは本当にベストな終わり方じゃない。
物語を描ききった上で余韻を残すのではないからだ。
「限られた時間の中で終わらせるには」という条件のもとでの
とりあえずの結末に過ぎない。


さっき俺はタクトについて見過ごせない問題点と書いたが、
それをまとめて言うなら、何かとはっきりしないことにある。

ネタ要素が強いようで物語に真面目な部分があったり、
小難しそうなモチーフを入れてるようで実はわかりやすい内容だったり、
今回のシンゴのように重要そうなキャラに見えてあっさりだったり、
タカシのように強そうでヘタれるキャラがいたり。

榎戸は何が重要でそうでないのか扱いをはっきり区別できてなく、
それがゆえに見せたいものが受け手にちゃんと伝わらず、
結果、無用に混乱あるいは期待させ、そして落胆させている。

俺はタクトの見方を間違えてるくせにいっちょまえに文句を言う人間を
好ましく思わないが、しかしその原因を生んでいる脚本に問題がないとは
思ってないし一度も肯定したことはない。

ただ。
ただ、もしこれが榎戸の狙いで最終回はそれらに意味があったと
明かす内容になるのなら、たとえ物語の細かい部分を放り投げようと
俺はそのラストを肯定したい。
それも今までの回の収束であり、結末だから。

まあないと思うけどね(笑)。
心構えを発表しておきたかったんです(笑)。


それからついつい長文になるので今まで書こう書こうと思って
書けなかったが(笑)、元々俺が恐れているのは、
毒にも薬にもならない平凡な終わり方をすることだった。

このアニメらしく独特のセンスで楽しませるのでもなければ、
大きく盛り上がるわけでもない、そこらに転がってるような
平凡な終わり方になることを、とても恐れている。

自分の危惧する良くない終わり方はそれらの二つです。


今回は、ラスト前にも関わらず前振りの話だった。
面白くないとは言わないが不安になる、そんな回だったと思う。

劇場版やクール追加は…ないでしょう。
次でとりあえず終わるのならそこまでできるほど内容が残らない。
あるならラスト近辺を作り直す形での劇場版じゃないですかね?
とにかく、あと1話欲しかった。

んーまあ、まあ、今回が次にまたがる回だったのは明白なんだから、
前後編と考えれば話を作るなんて簡単か。

うん、そうだな、このアニメならきっとやってくれるさ!

…でもただの前後編じゃなくそれまでの24話を受け止める
「最終回」なんだよなあ…。

ああ、どうか榎戸がしっかりしてますように。
ちゃんと終わらせられますように!
本当にウテナは出来がいいのか…?



さて、十分長いが一応今回についても振り返ろう。
さすがになるべく短くね(笑)。


タクトとケイトの仲のよさを気にするワコ。
頼むから次回ではっきりさせてくれよ?


キスを気にしないスガタ。
役を演じるかどうか決めるのは自分、か。
ふうん。
タクトがナツオを思い出したのが気になる。


シンゴ覚醒。
「この世界は僕のなりたい大人になれる世界じゃなかった、
だから僕は成長を止めた」。
スガタのといい、テーマに踏み込んだセリフが増えてる気がするな。
前回の「青春を謳歌して旅立ちの日を迎える」と合わせると
モラトリアムがうんたらかんたらというテーマになるか。

ヘッドは大人になるのを拒否して永遠の青春を求める人間?
手に入れれば失った物も全て取り戻せると信じる「本当の強さ」は
子供じみた夢ということか?
サカナちゃんを振ったのも、イカ刺しサムが少女を殺して銀河旅行に
出たけど結局自分のいた星も銀河の一部だった、つまり何も変わりは
しないのが気に入らなかったから?
逆にサカナちゃんはヘッドにそれを気付かせたかった?
まいいかあ(笑)。


人妻とケイト、お互いの素性を知る。
すいませんとっくにご存知だと思ってました。


ケイトとヘッド。
「最後の祭りの場にザメクのドライバーが確実に列席する」。
うんまあそうだろうな。
封印が全て解かれるときは物語も終わる。
だからやるなら全て一気でになる。
さてヘッドはザメクを奪おうと考えているのか。

ケイトをねぎらっていたが、それが前に話していた封印を解く前に
ひがにしの巫女へやってもらいたかったことなんだろうか。


ケイトとスガタ。

「ワコのことをずっと思い続けるんだろうな」となるとやはり
スガタもワコ一筋か…。

ケイトはヘッドに脅されてたのか。
じゃあミズノに一人っ子とバラしたのもヘッドを欺くためで
本当の性格ではないと?

従う振りをして封印を解く、というのは気になる。
それはヘッドの望みでもあるわけだから、欺くことにはならない。
となれば…本当のスガタになる、スガタのために生まれてきたとは
ヘッドの思惑とは外れる事態が発生するというわけだな。
ヘッドさん残念、かませ犬が完全に決まりました(笑)。
そしてスガタの狙いはそれである、と。

というかエンペラーになる前に全部話したんじゃなかったのかケイト。
キスは気持ちが報われないケイトにとって永遠の思い出ですか。


カッコ良い人妻。
船は最初から万が一のために用意した物だった。
サイバディは誰かが安全に管理しなければならないとか、
常にみんなのためを考えて行動するキャラだった。
でももう少し物語の中核に絡む…まあいいか(笑)。

あ、そういや本当の強さの話どうなるんだ?
過去に何かあったようだけど絶対次で捌けないよな?
やーれやれ。
まさか2期…ないよな。

島やその周辺に物理的変動……時期的に自粛した方がいい展開だな…。
忘れられてるけど火山の噴火もちょっと前にあったからね。


タクトとワコ。

「スガタとワコが結婚したら~」で同じこと言うと指摘した
ワコの表情があんまり良くなかったが、タクトもスガタもワコを
積極的に自分の物にしようとしないからワコも態度を決めかねる……
なんでもないです(笑)。
あと一回だし何も考えず見ましょう。


0時間。
ケイトの歌ってアイドルじゃなく巫女の歌なの?
でもさすがに歌詞とかちょっと違うんだよな?

仮面を外したケイトとスガタ。
それはそれとして幼少のワコとケイトが可愛かった。

封印、破れる。
ザメク復活。
さすがスガタのために存在する巫女。


次回、最終回。

「あなたに出会わなければ良かった」。
まだ続きそうなセリフを言うのは勘弁してください。
バッドエンドから2期へ、みたいな展開連想するじゃないですか。

タクトに出会わなければ無駄に迷うことなく
最初からスガタを選べた、とか?
なんでもいいです。



さあ、泣いても笑っても次で終わりですよ。

今のところ不安の方が大きいですがなんとかなることを祈りましょう。
頼む榎戸、お前が何も考えてはずはないんだ、ちゃんと完結させてくれ。
なんなら一時間スペシャルでいいから。

頼むよ、ホント頼む!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

STAR DRIVER 輝きのタクト 24話「ひが日死の巫女」

カナコさんマジカッコいい! STAR DRIVER<スタードライバー>輝きのタクト 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray](2011/04/06)宮野真守、早見沙織 他商品詳細を見る

  • From: 新しい世界へ・・・ |
  • 2011/03/29(火) 01:24:46

STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」

最終話直前ですが、ぜんぜん終る気がしませんね(^^; ここに来て眠ったままだったシンゴが目覚めたのには意味はないのかな? 少年のままでいることを望み、レイジにシルシを渡してしまう。 これだけの役...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/03/29(火) 19:29:14

STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話「ひが日死の巫女」

「さぁ! ザメク復活の時だ!」 3人目の巫女の封印が解かれ、ついにザメクが復活! ケイトが綺羅星へ入った本当の理由とは…    【第24話 あらすじ】 理事長室にて長い眠りについていた少年・シンゴが...

  • From: WONDER TIME |
  • 2011/03/29(火) 22:14:37

STAR DRIVER 輝きのタクト 第24話 感想「ひが日死の巫女」

STAR DRIVER 輝きのタクトですが、シンドウ・スガタが綺羅星十字団に入ったにも関わらず普通に学園生活は行われます。ツナシ・タクトやアゲマキ・ワコと三人で夕日を見て、この空は一度しか見れないと浸ります。 学園長は生徒一人一人の部活も把握しており好々爺然として...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2011/03/29(火) 23:36:50

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する