スイートプリキュア 6話

  • 2011/03/24(木) 13:34:17

今回はスポンサーの表示がなくて、読み上げるナレーションもないのは
ちょっと怖いような気もするんだけれども(笑)、クオリティの高い
バックの絵が見られるのは悪くない。

好きですね、あの絵。



ま、それはともかく、一週間ぶりの今回。

重い重い重いもォ~~~~~!
重いんだよ!!!

ただでさえケンカが重いアニメなのに今回は新販促アイテム登場の
回だからいつもより張り切ったんでしょう、さらに重い!

せっかく姉のためにケーキを作ったのに頭ごなしに叱られてね、
そりゃあ弟も本当に泣きますよ。
しかもその後ネガトーンの精神攻撃で大泣きさせられてね。

見てられんぜこりゃあ。
見ちゃおれん。

明らかに力加減を間違ってる。
元々が笑えないケンカをする作風だから今回の重さも
当然っちゃ当然だけど、あまりに悲惨すぎる。

はっきり言っとこう。
ケンカさせて仲を深める、あるいは仲の良さを再確認させるという
スイートプリキュアの物語作りの基本パターン、失敗してます。

この方針の狙いは物語性を高めることではないかと思う。
確かに今よりもうちょっと上手くやれば面白くはなるかもしれない。

ただそれでも毎回ケンカをさせる以上シリアスさが増すため、
楽しさという点でどうしても問題が生じる。

いがみあう姿というのはね、想像以上に醜いね(笑)。
これは俺も初めて知ったしスタッフも予想できなかったかもしれない。
ケンカなんてしない方がいいんですよ。
ましてや子供向けアニメでやることじゃない。

ハミィの媚びたような可愛さやセイレーンとトリオのギャグも、
いいんだけれども重さはカバーしきれてない。
それほど今のスイートのケンカは重い。

これ、まずいなあ。
まずいよ。
今のままじゃ誰からも好かれないぞ。

どうしましょう(笑)?
とりあえずケンカをもっとほほえましい感じにして、
それで話が薄くなるのはしょうがないし、ああそうだ、
そもそも話の出来も今までより良くないよ(笑)。

前にも書いたけど、スイートは話に明確な問題点がある回が多い。
実際、今回もそうなんだよね(笑)。

一人っ子ってさあ、別にコンプレックスじゃないだろ?
兄弟がいないから奏の苦労がわからないとか、しょげて帰ったりとか
響がやたらと気にしてたけど、兄弟いないのは欠点じゃないでしょう?

なんとなくうらやましい気持ちはあるかもしれないにせよ、
例えば腕が片方ないみたいな本来あるべきものがないのとは全然違う。

だからまるで兄弟がいないのを悪いことのように扱うのはおかしいし、
ラストで奏の弟……奏太か、あのシンプルな名前の。
奏太も響と姉弟みたいなもの、なんてフォローいらないんですよ。
そこまで気を使われることじゃないんです。

あとカップケーキにわさびが入っていたというオチ。
つまり弟は弟で最初からイタズラする気だったわけで
奏が怒ったのもそれでチャラかなあという感じなんですが。

あんだけ重かったのにそんなオチ入れられても困るよ(笑)。
大泣きまでさせて仲直りしたんだから、そんなの入れても
しょうがないじゃないですか。

ギャグを挟むと逆に話がいい加減だと思われるほどに
スイートのケンカ、物語はシリアスなんですよ。
これも前に書いたんだけれども。

う~~~ん。
良くないねえ、スイート。
早急に対策を練らないといけない。
といってもまあ明るく楽しくすりゃあいい話なんだけどね(笑)。

ケンカを入れるのも……それが基本なら悪くはないと思うけど
本当にバランスを気をつけてね、もらわないと。
そうだなあ……メインじゃなくスパイスにした方がいいかもしれない。
これ以上こだわってもケンカのためのケンカになるでしょう?
ケンカもなんでも全ては話を面白くするためですからね。

俺はまあ一応ずっと見るけど、なんとかしないと…ヤバいよ。


さて、図らずも長くなったが話の方とかちょいちょい書こう。

映画宣伝バージョンOP。
使いまわしは少なくなかったが黄色キャラチームやキュアホワイトが
中心の部隊など見所はあった。
新作を作るたびに前作を地上波でやればいいのにね。

生意気な女の子。
生意気加減がなかなか可愛かったし面白かった。
でもまさかそれだけだったとは……。
話には全く絡みませんでした。
見返して気付いたんですがね。
んーまあそれで今回の話が短く感じたことはないからいいとは思う。

腹を見せて「可愛い妹ニャ」のハミィ、確かに可愛い(笑)。
あと音符を奪い返すときの転がりとかも。
でもなんとなく媚びを感じて素直に可愛いという気になれない(笑)。

「お~こら~れた~」のトリオに「やかましいわ!」のセイレーン。
あ、ひょっとしてセイレーンの口癖ですか?
楽しかったです。

ケンカ。
奏から発生した怒りが奏太、響、ハミィへ飛び火していくのが
なんともかんとも。
ハミィなんてせっかく音符見つけたのに(笑)。

心が弱ると力が出なくなるスイートプリキュア。
心に影響されるのはハートキャッチもそうだった。
もっともあっちは説明なしでしかもプラス補正でしたが。

新登場、ミラクルベルティエ。
動きはなかなかいいと思うんだけど、「イチ、ニイ、サンッ!」と
「フィナーレ!」で凄い置いてけぼりにされた気がした(笑)。
唐突というか予想外というか。
それ以前に今回は奏の話なんだから奏が出すべきじゃ…。
ベルティエにも妖精を一つ使うということはドレミファソラシドの
半分…さあ、枠が二人分あると考えられるわけですがどうなりますか。


こんなとこですね。
次回は音吉さんが登場。
音キチじゃありません、注意しましょう。

それにしても奏太、若干演技に違和感があったような…。
それにつられたか他の声優も若干演技が変なところがあったような…。
まいっか。

ホワイトデーが終わったあとにホワイトデーの話でモロに影響を受けた
わけだけれども……まいっか。

ひょっとしてスイートは全話数が1話減る?
まいっ……良くない!
なんとかして!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイートプリキュア♪ 第6話「ガミガミ!お...

スイートプリキュア♪の第6話を見ました。第6話 ガミガミ!お説教が生んだミラクルベルティエニャ♪ハーモニーパワーを高めた響と奏が、プリキュア・パッショナート・ハーモニーを繰...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2011/03/22(火) 17:47:06

スイートプリキュア♪ 第6話「ガミガミ!お説教が生んだミラクルベルティエニャ♪」 

奏タンの弟、奏太くん登場回。 CVはこの手の役のスペシャリスト、小林由美子ちゃんでした♪ 肝心のお話の方ですが… 相変わらず前半はケンカ、後半で仲直りのパターン。 ところどころで面白く、感動的では...

  • From: のらりんすけっち |
  • 2011/03/24(木) 07:17:19

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する