バトルスピリッツ ブレイヴ 20話

  • 2011/01/31(月) 12:54:59

まだ見直してないんだけどさすがにこれ以上遅れるとまずいので
とりあえず雑感書きます。

先週からどうもブレイヴの話に力を入れられてないな。
今一番楽しみに見てるアニメなんですが。

*見直しました。
途中からちゃんと書いてます(笑)。



えーっと今回は、悩むクラッキーの話か。

コアの光主たちが色々辛い目にあっていたとは思わなんだ。
前にバローネになぜ未来に来たのか聞かれたまゐが「髪を伸ばした」と
わからない返事をした理由もそこにあった。

まあ…「髪を伸ばした」の解釈は基本的には間違ってなかったな(笑)。
未来にこそ自分の求める物、居場所があるという意味で。
グラン・ロロでの経験が生かせない悔しさはすなわち無力感だから
その回で書いたこととピタリ符合する。

その後の地球で際物扱いされてたのは…予想できませんや(笑)。


*見直したので以降はこの話の流れのまま加えて書こうと思います。


他の光主たちが思い悩む中、ダンは燃えるバトルができないこと以外は
悩んでなかったようだ。
こういうとき、バトル中毒は楽でいいやね(笑)。

クラッキーに「俺たちの時代に帰れ」と冷たく言い放つところは
久しぶりにブレイヴ最初の頃のダンらしさが出た気がする。


でもクラッキーたちの気持ちはもっともですよ。

コアの光主として冒険して気付いた世界の矛盾と戦おうとしたが
世界はグラン・ロロより複雑で問題は簡単に解消できなかった。

自分達の声はただの理想と言われ、結局届かなかった。
他にも異界王は自分たちが連れてきたと言われたり、
嫌な思いも一杯してきた。

グラン・ロロでの経験が地球では生かせない苛立ち。

ヒーロー扱いは最初のうちだけだし、そりゃあいろんなことで
激しいギャップだったでしょう。
硯も世間の声に反発して一人旅に出るというものです。


しかし強い奴がいないことしか悩みがなかったダン(笑)。

描写はなかったけど、どう考えても悩んでないですよ。
クラッキーたちとの温度差が激しすぎますもん(笑)。

とはいえ、そんな性格だからこそ戦える。

「そんな(12宮Xレアが揃わない)こと、考えたこともないな……
一度も考えたことがない!」

はっきり言い切る姿は冗談抜きでカッコ良かったですよ。
クラッキーの迷いが晴れるのも理解できる力強さだった。

クラッキーの言う通り、自分の勝利に迷わない男だから
12宮Xレアが揃わないなんてことも一切考えないんだろう。

ついでに絶妙のタイミングで欲しいカードが出てくるのも
同じ理由で説明された(笑)。
話の都合が良いんじゃないです、勝利に迷わないからなんです(笑)。


どんな苦しいときも自分にできることをやるだけ、
と気付いたクラッキー。
ダンがダンであるためにバックアップするのみ。

そうですね、迷ったところで自分にできることは
変わらないですもんね。

ちなみに「ダンじゃないとコアブリットに乗れない」と言っていたけど
これはダン以外の人間だと動かないみたいな意味じゃなく、
人類軍代表として戦うのがダンと決まっているという意味でしょうね。

イオラスやフローラ、それに前に出てきたプロレスラーみたいな
確かルチャ・リンブレーというキャラも乗れてたので。



ということで気が楽になったクラッキー…にまゐと剣蔵も?

「なぜ僕やまゐじゃダメなのか」、「どうしてそこであたしの名前
出すかなあ」、「僕もいるんですけどね!」の会話や
最後の3人で写真を撮るところに80年~90年前後の匂いがする(笑)。
まあ「ブレイヴ」のダンのキャラからしてそうなんですがね。

今だと逆に新鮮かもしれないな。
ちゃんと2枚目の写真には剣蔵を入れてやったんだよな?

「グロッキー?」「ノー、クラッキー」ニヤリとさせられた(笑)。

いきなり暗い前期のその後が明かされた回だったけど、
なかなかよろしかったんじゃないでしょうか。

いいと思います。



残った他のことについても少し書こう。

「珍しく意見が一致したわね、さやえんどうくん」
今度は野菜に行ったか(笑)。

相変わらず剣蔵にメロメロのプリム。
帽子の下は髪を結んでたのね。
なかなかいい。

情報部。
カードを探してるのは硯としか思えないけど、
初めて情報部の話が出たのに硯のその後が明かされては
断定しにくい。
普通隠したければ同じ回に話題に出さないでしょう?

シカゴ壊滅。
そしてそれを見に来たバローネ。
瓦礫の下に挟まって…いたわけじゃないな、手を差し伸べれば簡単に
抜け出たようだから(笑)。
スペースの間に入るようにして埋もれていた人間の子供を
助けるバローネ。
魔族なんて、と助けを拒む子供にダンの話をして説教。
ずいぶん素直に影響受けてますね。

「アーン!ファーン!」
ダンが空中に投げたお菓子をジャンプしてパクンと食べる。
気に入ったようで、「もっとやって~」とせがむのが可愛いね。

バトル。
もう一枚のサジッタフレイムを出すクラッキーと、
リブートコードを出すダンの絵がカッコ良かった。
まゐの言う通り、クラッキーとアポロドラゴンの組み合わせもいいね。
「マジックや真っ向勝負と、二人のダンと戦ってるようだ」に、
現在所有の12宮Xレア3体を出して「並べてみたかったのね、ダン」の
セリフが良い。
12宮Xレアの効果をしっかり使いこなしてると言われて、
そう仕向けてくれたからとダンが答えてたけど、
このカードゲームはそんなこともできるのか。
アクア・エリシオンが装甲をあける動き、完全に聖闘士星矢の
オーロラエクスキューションだったね(笑)。



以上!
ああ、ようやく終わった。
肩の荷が下りた気分だよ。

なるべく溜めないように書きたいね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する