バクマン 15話 とジャイアントキリング16話も

  • 2011/01/16(日) 01:05:00

そういやバクマンの特番の話をするのをすっかり忘れてた。
ちゃんと録画したので見てはいるものの、書くのはもう一度
見てからのつもりなのでまだ書けないな。

ズルズル先延ばしにしないよう頑張りたいものです(笑)。



話は前回の続きということで、打ち合わせ中のサイコー達に
再び割って入ってきたエイジ。

よそのブログを見たところどうもエイジは人気があるらしい気が
以前からしていたんだけど、その理由がわかった。
天然というかピュアで、しかもサイコー達に友好的だからだ。

悪意がなく、いかにもなライバルキャラでもないから
読者にも敵視されないんだな。
ある意味一番サイコー達を評価してるキャラでもあるしね。

俺も好きですよ(笑)。
最初は妖怪じみた風貌と打ち切りにする権利を要求する生意気さが
気に入らなかったけど、出番が増えるにつれ印象が変わった。

はたしてガモウの狙い通りかどうか……狙ったと見て
差し支えないんだけど、ここはあえて保留にしとこう(笑)。



キャラが動き回るという話、あれは「自分が考えた空想のキャラクター
なのにそんなことあるわけないじゃないか」と嫌悪感を持つ人間も
いるかもしれないけど(笑)、よく聞きますね。

自分が知ってる漫画家だと、赤塚不二夫、北条司(シティーハンター)、
椎名高志(GS美神、絶対可憐チルドレン)、それと確か藤子・F・不二雄も
発言してたような気がする。

特に分かりやすいのが椎名高志で、セリフを書いた後「このキャラは
こんなこと言わないよな」と書き直すことがあるんだとか。
キャラが意思を持つという意味が理屈として理解できる話だと思う。

北条司に至っては、連載終了後も主人公が自分を出せと脳内で動き回り、
作者もスケベな主人公の人格に影響されたこともあったようだ。

漫画とはまさにクリエイトする職業なのだと感心させられる。



今回初めてじっくり描かれたアズキ。
まさかこんなに時間を割くとは思わなかったよ(笑)。
前にちゃんと描いたらどうかとここで書いたような気もする。

「聖ビジュアル女学院高等部」のオーディションを受けるのを
ためらってたのは、演技も歌も自分にやれるのかと不安だったから…
そうか、エロアニメだからじゃなかったのか。

だってあの絵とタイトルだとエロ要素が強く見えたんだもの!
俺は悪くないよ!

しかし初めて描写があったと思ったらもう合格とは、
相変わらずやることが早い作品だな。
一応それまで順調に落ちてたようだが、早い。

もともと本来ならもう少し時間をかけてもいい展開を
高速で次々越えていく作品ではあった。
でもまるでダイジェストを見ているような印象があるのも事実で、
さて、どう評価すべきか若干迷うところである。

退屈することはないが一つ一つの展開がやや物足りない……。
とりあえず今言えるのは、長短がはっきりした構成であるということ。
メリットもあればデメリットもある。

この先の興味としては今の構成に意味があるのかどうか。
今回も、高校入学からはしばらく、漫画のスタートからはちょうど1年が
経過したことがアズキの母親とシュージンのセリフで明らかになった。

そのうちスピードを緩めるのか、単純に漫画に関係しない部分は
飛ばすだけの意図なのか、気に留めておこう。
…要所要所でスピードを緩めてじっくり見せるポイントを
作ればいいと思うのは俺だけだろうか。



サイコー達の漫画について、エイジも王道じゃない方がいいと
思っているようだが、これからどうなるんだろうな。

ガモウは王道じゃないデスノートで大ヒットを飛ばしている。
一方、バクマンは設定こそ変化球だが中身は王道で、
これもサイコー達が今やろうとしていることと重なっている。

果たしてガモウはどちらを選ぶのか。
個人的には、構想段階ではヒットするかもわからなかった
バクマン路線を選んだらばくち打ちの魂を感じるね(笑)。
ロックという奴ですか。

先の大きな楽しみの一つだと思います。



ではシーンごとに。


服部の王道作品解説。

新人はヒット作のいいとこどりをしてくる、か。
なんだか苦笑しちゃうね。
みんな考える小細工みたいで(笑)。

必要な要素の話は考えてみると本当に基本的な説明だったと思う。
具体的にどういうことかという説明がなかった。
まあそこまで突き詰められればヒット作になるのだろう。

せっかくシュージンがその必要もないにも関わらず感謝したのに
服部に少し冷たくあしらわれてたのはかわいそうだった(笑)。

計算してるのが分からないように注意して描く。
最初からこう言えば分かりやすいのにガモウめ、
知られたくないテクニックか?
でもバクマンはガモウが相当計算してる跡がたくさん付いてますよ(笑)。
キャラのセリフや描写に計算を感じないからいいんだろうけどね(笑)。


話に割り込むエイジはポーズが良い。

ネームは好きじゃないということは、
そのままペン入れしたいということか。
両津・パトリシア・勘子を彷彿とさせるな。

嘘の話は少し紛らわしかった。
ネームはすでに頭にあると言ったのが嘘で、
書いたネームは即興だけど完成作なんだよな?
連載させるためにとりあえずいい加減でも書き上げたように聞こえて
どうすんのよと思ったじゃないか(笑)。

「ネームネームと編集はおかしい」発言が気に入らない様子の
服部を見るのは楽しかった(笑)。

もういいですとかそんな簡単に1位は取れないとか、せっかくエイジは
友好的なのにサイコーは挑発的だったのがちょっと気に入らない(笑)。
でもエイジはそんなサイコーがいい目をしていたことで
むしろ高評価している様子。


アズキの新居。
一人暮らしじゃないんですね。
というか引越しはアズキの都合なんですよね?

カヤはお泊り。
さりげない説明がないのは問題ですね。
寝るときになって初めて気付いたぞ。

「またおっきくなったね」とアズキの妹に褒められても
戸惑うだけのカヤは、どうやら巨乳は自慢じゃないようだ。
前回シュージンに褒められたときの反応が思い起こされる。
女の子らしくないから格闘技はもう嫌だと言う割には、
スタイルに意識がないらしい。

真横で顔と腕しか出ない入浴シーン。
上から映さないのなら、せめて足を上げるくらいせんのかい。
歌っているのは…ラルクアンシエルの曲だったか。
ああ、そういやボーカルのハイドがバクマンに出るんだっけな。
誰も望まないコラボの。

オーディション会場で転んでた「なんば かな」は
アズキ編の重要キャラになるんだろうか。
名前を呼ばれて、ずいぶんわざとらしい登場シーンだったが。


アズキの声優デビューメール。
シュージンの言う通り、自分たちもデビューしているから
同じステップなのだが、あせるのも当然か。

しかし「真城くんのバーカ!(笑)」はどうなんですか?
確かに俺も「待っててください」は軟弱すぎて不快だったけど
「真城くんのバーカ!(笑)」はどうなんですか?
え、もう、なんなの、怖いんですけど(笑)。
あまりにイメージが違いすぎて。
アズキの可愛さは異常と言ってたそばからこれだよ!
トイレにもいかなさそうなのに「バーカ」て。
アズキがそんな汚い言葉口にするなんて…怖い、怖いよ!

自分がMかもしれないと思うサイコーの部分は普通だと思います。
メールだけでのやり取りもそれはそれで楽しいだろうし、
叱られて嬉しいのは相手に母性を感じるからだろうし、
半人前の自分じゃどれだけ好きでも会いたくないでしょう。

ナルシシストのN。
というかMとか普通に言う世の中になったことを僕は危惧します。
うーん、オチが弱いね。
今までで一番弱い。
落ち着いた回を描こうとしたにしても、
全体に落ち着いた雰囲気が作り出せてない。
エイジ出たしね(笑)。
今回のラストは残念だった。


次回はカヤがどこかエロそうな雰囲気。
予告の時点でエロかった。
エロさを感じた。

ていうか長文過ぎるよ!
もう嫌だ!





次。
ジャイアントキリング。

前回のおさらいが久しぶりに短かったのは評価したい。

今回のメインは世良。
んん?最初からもうちょっと分かりやすく伝えてくれれば良かったのに。
監督や選手やサポーターやら他の部分もちょこちょこ入るせいで
入り口でつまづいてしまった感がある。
メインなのに怪我をして倒れてる絵で終わったからね。
どんな怪我かまで見せてくれないからどうもハンパな印象を受ける。
でも怪我をするとは思わなかった。
大変ね。

相手の警戒と味方の期待という新たなプレッシャーと
戦うことになり、調子を崩している様子の椿。
安定する日は来るんだろうか(笑)。
バスの中での反省会は叱られてるというより勉強のようだった。

達海が夏木をベンチに入れたのは、相手の監督が細かいことを気にする
性格で、夏木はかつて同じ時期に2年連続でゴールを決めていたから、
相手にプレッシャーを与えるため。
なるほど、こんな駆け引きもあるのか。
サッカーというのも深いもんだな。

あとボールに追いつけなかった世良を応援するサポーターを見て、
サポーターの力みたいなものを理解した。
あんな感じで励みにもなるのか。
今までホームとアウェイで何が違うんだと思ってたけど、なるほど。

村越のガッツポーズはよろしかった。
いいねああいうの(笑)。

カラスの鳴き声でアイキャッチは笑った。


次回もこのままの流れで進む模様。
色々ストレスを受けても爆発しない世良のキャラは悪くないけど、
もうひとつ何か足りない気がしないでもない。

ここ数回、やや散漫になってる印象がある。
その回で何が見せたいのかという中核がないとこうなるんだろうな。
原作物ゆえ仕方のない部分もあるとは思うが……。

そういや女記者の声優、クセのあるしゃべり方をするね。
元々声優じゃないようだ。
悪いというほどでもありませんが。

そろそろ引き締めた回を望みたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。 第15話「デビューと焦り」

バクマン。の第15話を見ました。第15話 デビューと焦り「新妻くんは天才の部類だ。王道でやっても新妻くんには絶対に勝てない。その新妻くんでさえ本誌で1番になれないというのは編...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2011/01/16(日) 05:58:50

バクマン。 第15話「デビューと焦り」

王道バトルもので行くと言い出したサイコーたちに、服部はレクチャーを…。 エイジが横から考えないで描けばいいと…規格外なアドバイスをw 描いてることが自然に面白いものなる天性の才能型のエイジ。 サイ...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2011/01/16(日) 12:38:35

バクマン。 第15話 感想「デビューと焦り」 

バクマン。ですが、真城最高&高木秋人と新妻エイジは正反対のタイプの漫画家です。エイジは天才ですが、最高たちは計算して描きます。両者はライバルとして認め合いますが、エイジは最高は一人でものし上がると高く評価します。根拠は漫画の主人公のような澄んだ瞳の奥に...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2011/01/16(日) 17:30:33

バクマン。第15話『デビューと焦り』

見吉のフリーダムさに救われる人も居るわけでw 親友宅とは言え風呂場で思いっきり歌える彼女はツワモノですな! 計算しない自然体で影響を与えるって点ではエイジ並かもww バクマン。 11 (ジャンプコミックス)小畑 健 大場 つぐみ 集英社 2010-12-29by G-Tools

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2011/01/16(日) 19:56:24

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する