「サザエさん」と「SASUKE2011」を見た

  • 2011/01/03(月) 02:14:28

われながらここ数日はよくテレビ見てますね(笑)。
今日はDSのゲームをやりながらだったんですが(笑)。



まずはサザエさん。

アニメの方はすっごい久しぶりに見ました。

だからでしょうか。
タイコさんが美人に思えたんですよね。

自分でもビックリしましたよ。
サザエさんのキャラをそんな目で見るなんて(笑)。

サザエさんなんてのは何も考えずにただ流しておけばいい
アニメじゃないですか。
それだけで安定するといいますか。
エンディング曲で気分が落ち込むのも含めて。

だからまさか久しぶりに見たタイコさんを
美人に思ったなんて信じられないですよ(笑)。

サザエさんという作品で女を感じる…うああ気持ち悪い!
絶対おかしいよ!

おかしいついでに言いますと、はるかちゃんでしたっけ?
旅行先でカツオが一緒に行動した女の子。

可愛かったです(笑)。
強引でワガママでカツオをも振り回すんだけど、
あんまり嫌味はなくて。
サザエさんにしては今風なキャラクターだったような気がしますが
時代の流れでしょうか。

波平の兄はそっくりで声も同じでしたね。
そっくりだから問題ないっちゃないですね。


実写の方は、なんていうか見ていて気恥ずかしいというか
あざとい感じに苦笑しました。
特に片岡鶴太郎が(笑)。

中身の方はそれほど熱心に見てなかったんですが、最後の引越しの話!
あれは不愉快でしたね。

あれだけ家族を悲しませて、カツオにワカメにタラちゃんを
大泣きさせといて、「勘違いでした、テヘッ」みたいにあっさり
決着を付けるのはまマズいなんてもんじゃないですよ。

そりゃあね、オチなんて分かってますよ(笑)。
勘違いに決まってます。
でもだからこそあんなに子供たちを
悲しまさせるべきじゃなかったんです。
演出、脚本的に。

誰でも分かりきっているオチだけに、泣いているシーンは
「オチの軽さを想像すればこの重さはいけない」と
思いながら見てました。

おかげでオチのシーンじゃサザエの髪の毛
引きちぎってやりたくなりましたよ(笑)。
みっつ全部(笑)。

うーん、新年早々困ったもんでしたね。

ちなみに平野綾が少しだけ目当てだったんですが、
DSに熱中してどこで出たのかわかりませんでした(笑)。
エンディングでは少し見られたんですが。




では、次はサスケの話。

結果としては3rdステージで全滅ということでしたね。

指で体を支えるあれ、クリアできるんでしょうか?
上ならともかく下の方の段差でしかも持つところは凄く狭いし、
見た感じの絶望感がハンパじゃないです。

事前にテストはしてると思うんですが…う~ん。


選手は、いつものようにミスターサスケ・山田があっさり敗退したり
安定感があったと思います。

長野も同じところで失敗してましたね。
ジャンプして両側の壁に手足を付いて支えるやつですが、
入り口のところが開きすぎじゃないですかね?
またステージの話ですが(笑)。
手足が届きにくそうで日本人にはキツいんじゃないですか?


というか、今回気になったのはやたらと番組側が日本対アメリカの
構図を作りたがるところでしたね。

まあ2ndステージまでは余裕だったアメリカ勢を見ると
数少ない日本人を応援したくなる気持ちにはなりましたよ?

でも最初から対決してるみたいに見せるのはいかがなものでしょうか。
クリア自体が非常に困難なサスケは挑戦者が一丸になって挑む
連帯感みたいなものがあり、だから常連の挑戦者をまとめて
オールスターズなんて呼ぶわけですよね。

対立構図を作ろうとすること自体おかしいんですよねえ…。
アメリカ勢はその気質もあって日本人の応援もしてましたしね。

確か前に見たときもそうだったんで番組の体質なんでしょうが、
改めて欲しいと思います。
外人の覇者が二人くらい出たら日本人に発破をかける意味合いで
やってもいいですけどね。


えーっと、そんなとこですね。

まあまあ面白かったですけど、サザエさんとの兼ね合いで
途中から見た分、集中して見てはいなかったと思います。

……あ、一番の理由はDSのゲームしてたからだ。
どうもすいません(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する