バクマン 13話 とジャイアントキリング14話も

  • 2010/12/28(火) 03:38:22

いやー、月曜も過ぎちゃったね。
アニメの話題が遅れに遅れて困ったもんですけどね。

ではさっそく本題に入りましょう。
面白かったと思います。



今回のバクマンはえーと、メールにアンケートがらみといったところか。

メールはまず最初のシーン、カヤが大人しくサイコーの言うことを
聞いたのが良かったですよね。

前回のケンカがちゃんと活かされてる。
もうサイコーとカヤは友達だし、おせっかいが過ぎた自分の反省と
サイコーの考えも理解したからことを踏まえてるのが
今回の行動で分かる。

そうなんだよ。
前回でも書いたけど、今までのカヤは「アズキの友達」として代わりに
「アズキの恋愛の相手」と会話していたに過ぎない。
それだけの間柄で、カヤ個人はサイコーと関わりはない。
仕事場にいるのも一応の彼氏がそこにいるから。

こういうのって、なあなあになるのが普通だと思うんだよ。
仕事場に来るうちにいつのまにかサイコーとも仲良くなってたみたいな。
それは現実で考えても大しておかしくないし、物語の構成としても
必要ないと思った部分を省くのはおかしくない。

だけれども過程を省かず、それどころかなんとケンカまでさせて
描いたところにこの漫画のストーリーの丁寧さと、そしてガモウが
練りに練って物語を作っていることが窺い知れる。

ゆえに俺は前回のケンカと今回のシーンに感心するのである。


アズキとサイコーのメールはお互いの性格の違いが良く出てたと思う。

長文と短文なのもそうだけど、サイコーは丁寧語で
アズキは普通に書いてるのが特に。

こうしてアズキの性格やキャラも伝わっていくといいですね。



アンケートがらみでは、まずアンケートに種類についての説明から。

なるほど、だから今回のタイトルは速報と本ちゃんなのね。

俺が知ってたのは速報だけだった。
あれ、本ちゃんだったかな?
どちらにしろ一つだけだと思ってた。

ちなみに知ったのは「編集王」という漫画から。
そういやあれも漫画を題材にした作品だったな。
バクマンと違うのは主人公が編集者であることだった。


ジャックネクストの結果は、速報ではサイコーたちが1位で
本ちゃんではエイジが1位。

サイコー達が3位というのがいかにも作為的でいい(笑)。
落とし所としてはそれが妥当でしょうね(笑)。

おじさんも言っていたように、アンケートは真剣勝負。
工作で腐った漫画を上位に入れようとする奴は漏れなく死のうね(笑)。

ところで「1位のときだけ教えてくれ」なんて抜かすのは
どの漫画家だろう。

尾田か岸本か久保か。
それ以外かもしれないが。

そういや久保帯人がこの前の「すべらない話」に出てたね。
いきなり出て来て仰天したよ(笑)。
そして顔にも(笑)。

あんな感じなんですね。
正直、もっといわゆるDQN臭い顔かと思ってたらナンチャンみたいな
江川達也みたいな、ストリートファイター2で有名な
ゲームクリエイター・船水紀孝みたいな。

少し好きになりました。


話を戻しましょう。

3位という結果には連載する気マンマンで用意したネームも
見せられない。
あれは確かにエロ本見つかるより恥ずかしいでしょうね。
自信満々なだけに(笑)。

ただ今回の結果で王道に向かうとは全く予想してなかった。
ホントにビックリ。
独自路線を進むと思ってたがなあ。

まあぶっちゃけ何路線だろうが人気が出れば
アニメ化はされますけどね(笑)。
1位である必要なんて1ミリもない。
むしろ独自路線の方がアニメ化までスムーズな気もします。

だからこれは…いかにも物語的な展開だなあ。
ライバルを倒そうぜ的な。
ちょっとガモウ、どうしちゃったのかな(笑)?
せっかくカヤの話で褒めたのに、俺が恥ずかしいよ(笑)?

なのでね、バクマンは題材こそ変化球でも内容は王道なんだよね。
ゆえに王道の話が書けないとされるシュージンに王道を書かせるという
展開に、リアリティが生まれているのはある。

ガモウの実体験を漫画化したような作品なんだよなあ。
前から感じてはいたんだけれども。

ラストで怒られたのは笑いました。
町は綺麗にしないとね(笑)。
こういうところはしっかりしてる。



えーと次回は、エイジと遭遇ですか。
面白そうですね。

カヤは格闘技の動きで漫画の参考になる、と。
なるほどここで設定が生きるとはやるなガモウ。
自分の計算内では細かくしっかりしてるんだよね。

今回はシーンごとに振り返るのはなし。
十分書いた(笑)。

あ、ペンネームの話してなかった。

亜城木夢叶ですか。
カヤが考えたというのはオドロキだったが、
それにしてもイマイチな名前だな(笑)。
絶対売れないよこんな名前(笑)。
ガモウはネーミングセンスがパッとしないのか(笑)?

そんな感じですね。
服部はエイジの編集にいつ自慢顔できるだろうか。


連絡事項としては、31日にバクマンの特番が放送されますね。
午前7時40分から25分ほど芸人を使っておそらくアニメ製作現場を
突撃した後、8時5分からこれまでの13話くらいを一挙放送するそうな。
2部に分かれてて、後半は午後1時24分から。

製作現場が見られるのは楽しみですね。
ジャンプ編集部にも行きそう?
カヤの胸とか録画し損ねた人は再放送も楽しみでしょう。

ではバクマンは終わり。




次、ジャイアントキリング。

ゆり…だったな、ゆりに焦点を当てられた回だった。
うーん、チームの練習シーンが楽しかったからいつも通りの内容の中で
ゆりを多めに描くようにすれば十分だと思ったんだけど……あ、
昔からのサポーターの話もあったか。

つまり今回はチームを取り巻く人たちに焦点を当てた回だったと。
なるほどなるほど。

うんまあ…もう少しパンチが欲しかったなと(笑)。
若干物足りなかった気がする。

外を描くならそれで内容がしっかりしてたら良かったと思う。
そんな感じです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。 第13話「速報と本ちゃん」

バクマン。の第13話を見ました。第13話 速報と本ちゃん「NEXT!」の掲載原稿を締め切り当日に描き上げたサイコーとシュージンは入学式を迎え、マンガ家であることを周囲に隠すため「...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2010/12/28(火) 06:22:14

バクマン。 第13話「速報と本ちゃん」

原稿の締め切りを前に忙しいサイコーたち。 見吉が来て、亜豆にメアドを教えてないことを指摘。 まだ一度もメールしてなかったのね(^^; ▼ バクマン。 第13話「速報と本ちゃん」  やっと完成した原稿も出し。 いざメールするとなると長くなりすぎです(汗...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/12/28(火) 11:00:53

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する