バトルスピリッツ ブレイヴ 14話

  • 2010/12/13(月) 23:20:11

ああそうか、14話か。
もうそんなに進んでたか。

で、14話だからなんだと言うのだろうか。
今回は結構大事な話、そして気付いたら14話……。

何かすごい秘密があるような気がしたが、特にそんなことはなかった。

あ、1クールは終わる頃ですね。



黙りゃ!

女王様のありがたい一言が耳に焼き付いて離れないんですけどもね。

黙りゃ!
あっはっは。

いいですね女王、好きですね。
声によるところも大きい気がするが、いいね。

声優は根谷美智子、エウレカセブンのタルホとかですね。
ぶっちゃけ名前を確認するまではワンピースの海賊女帝、
ボア・ハンコックの人(三石琴乃)だと思い込んでました。

今回はこれと北海道君が非常に良かった。
人名じゃなくて地名じゃねえかというね(笑)。

「メカってこい!」も悪くなかったですよ。



さて内容に移ろう。
ついに女王と会見する話まで来た。

まずは魔族間で一騒動。
バローネがダンに手助けしていたことを暴露したルガイン。

なるほど、ここで初めて目立つと嫌な奴に見えるから好感の持てる
キャラとして先週ルガインを出したのかもしれないな。
うまい。


二度も独断で動きしかも負け、おまけに手助けまでしたことは
さすがの女王もお怒りになられた。

ツメでスパッとバローネの頬を切り裂いたが、
正直そこまでの傷でもないと思う(笑)。

でもプリムやアン&ファンの反応は大きかったから
物語的には大きな傷なのかもしれない。
バトル中のバローネと同じく女王の目もおかしかったから、
それが怖かったのかもしれないな。

魔族はみんな感情が昂ぶるとああなるんだろうか。


領地を没収され、追い出されたバローネ。

しかしバローネはバトル中毒なのでそんなことでは顔色一つ変えない。
カッコ良いですバローネさん。

ザジには気をつけろ、とデュックに言い残し、その場を去る。
あ、ダンにも声をかけました。
おそらくまゐはバローネを拾いに行ったのだろう。


突然ジェレイドがバローネの治めるローマ領をザジに
統治させたらどうかと進言し、女王も承認した。

なるほどな。
ザジはジェレイドにも近づいていたのか。
ダンとバローネが再戦した遺跡で、ザジが通信していた相手は
ジェレイドだろう。

自分が力をつけるため、ジェレイドが女王を裏切ろうとしてるなんて
デマをデュックとバローネに話し、三国同盟を結んだ。
そして目論見通りバローネを失脚させた今、残ったのは……。

ルガインの奴もまんまとザジに利用されたもんよ。
「こんな行動に出るとは思わなかった」なんてもちろん嘘ですから(笑)。
ザジにいいように操られるとは、やはりまだまだ若い。



さあ、今回の山場です。
女王がダンは人類の敵と呼ぶ理由が明かされます。

それは…ダンが異界王に勝ったことで魔族が支配する未来へと変わった、
だからダンは人類の敵であり魔族と同じである、というもの。

……。

前にユースが言っとったがな!!!
おんなじことやがな!

ええーー、うわーーーガッカリしたあ。
何か凄い意味がこめられていたんじゃなかったのかよ!
何だよそれええ。

まさかの展開でした。
こりゃあいかんぜよ。



気を取り直そう。

どう思うか聞かれたユースは女王の意見に同意する。
ルガインビックリ。
普通そうでしょうね。

魔族と手を組まなきゃならないことがあるから
自分は何と言われてもいい、と冷静なダン。

最初聞いたときは他人の悪口なんて気にしないという意味だと
思ったんだけど、その後のクラッキーとユースのセリフを聞く限り
どうやらダンは人類の敵認定を受け入れるという意味だったらしい。

他人を気にせず自分の道を突き進むのが確かに今のダンではある。
でもさすがに人類側の理解も得た方がいいと思いますよ。
ダンを支える役としてクラッキーやまゐがいるにしても、
さすがに支えきれるかどうか…。


言うことを聞かせたければ、とカードを見せる女王。
もちろんやる気のダン。

条件は、ダンが勝てば人類の敵、負ければ過去へ帰るというもの。

あまりにリスクの大きい勝負。
会見の前に剣蔵が心配していたのはこれだった。
突っ走るとはこういうことね、とまずそうに理解するステラ。

ダンの相手として名乗りを上げたのはデュック。
なんだ女王じゃないのか、と思ったが女王は「魔族が勝てば」と
話していたので最初から自分が戦うつもりなんてなかったと思われる。


バトル開始。

負けた日から「俺に付きまとう声は”馬神弾に最初に敗れた男”でな」
と語るデュック。

ちょっとカッコ良いセリフですね(笑)。
会見の映像が配信されたときの剣蔵の「世界はダンくんと女王の会見を
目撃します」といい、今回はセリフが良かった。

バトルはデュックが12宮Xレア、キャンサードで
アタックするところで終了。
さて、どんな効果を持つスピリットなのかなと(笑)。



初めてブレイヴでこんな長文を書いた…はず。

まあ色々あったんでね。
色々あったんだけれども、人類の敵という意味が
あんな理由だったのはガッカリ(笑)。

物語がどうなるのかについては、とりあえずダンは負けないと思う。
過去に戻されるという条件も重いし、なによりザジだよね。

次はデュックを蹴落としてのし上がろうと考えているに違いない。
勝負の前にジェレイドが「陛下のデッキで負けた場合、相応の
処分となるであろう」と言ったこともある。
ルガインが領主になるかもしれないけど、後見人という役で
ザジが実験を握ったりとかね。
ジェレイドが統治する可能性も一応ありますが。

そう考えると本当にザジは順調に昇格してる(笑)。
女王を蹴落としてボスになるにはちょっと風格が足りないけど…あ。
それで仮面か?
仮面を外したらボスらしい感じになるんじゃないの!?
おお、ありうるな!
これは興味深く観察したい。
会見を世界に放送した理由も知りたいところ。

ちなみにダンが負けて一度過去へ戻される展開も、
スタッフに勇気があるならできなくはない。
でも今回の人類の敵の理由がああだったことを考えると、
ないと思います(笑)。


ええと他には…と。

女王が歩く姿を見せるのはたぶん初めてのはず。
あれだけ乳を強調しておきながら揺らさないところに
スタッフの理性を感じる(笑)。
でもそれでいいと思いますよ。

ジェレイドはユースの故郷を襲ったんだろうな。

12宮Xレアの秘密はザジが女王に伝えていると思います。
キャンサードの攻撃モーション、カッコ悪かった(笑)。

ルガインは礼儀正しいのに「父上」ではなく「親父殿」と
呼ぶところに魔族の猛々しさを感じる(笑)。

そういや昨日あたりにたまたま歌番組を見たら、若い頃の
国生さゆりが「バレンタインデーキッス」という歌で、
Vサインの指を閉じたり開いたりしてた。
前々回(?)でプリムがしていたのは、
おそらくここから来ているものと思われる。




以上。
うあ~長い。

もうこんなに長くなることはないと思いますけどね。

来週は普通に放送するとして、年末の放送はどうなるかな?
年末休んで年明けからすぐ放送してくれそうな気もしますが。
プリキュアと逆パターンで。

楽しみに待ちたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する