バクマン 9話 とジャイアントキリング10話も

  • 2010/11/29(月) 08:59:02

バクマンの安定感はいったいなんなんだろうかと思うほどなんだけど、
今回はどうだったかなあ。
ちょっと驚いたというか、まあいろいろですよ(笑)。

ジャイアントキリングもある意味新しい展開に。



ケンカの後。

前回わざわざサイコーたちのクラスまで挑発しにきたあの…
誰だったか…あの生徒(笑)、と廊下で出くわすサイコー。

しかしお互い無言で通り過ぎ、ひとまず決着はついたと思われる。
また何か言い出すかと思った分、そこまで嫌な奴じゃなさそうな
印象を受けた。

そんなことより、今のサイコーは自分の画力の方が気になる様子。

じいさんに相談したらおじさんの漫画のセリフで励まされてしまった。
よく分からないんだけど、じいさんはおじさんの父親で、
おじさんとサイコーの父親は兄弟なんだっけ?



自宅謹慎になったシュージンの家へ行くことにしたサイコー。
アズキとの筆談は上手い具合に機能している様子。

シュージンは古めなアパートで一人暮らししていた。
理由については謎である。

ふすまを開けたシュージンのメガネが反射しているのは
なぜかと思うと、そこにはなんと岩瀬とカヤが。

ええええええ?
んまあ予告で見てましたけどね。

なぜかいきなり三角関係に、それも決着を付ける場に突入。

握手が交際スタートの証であるという岩瀬に、
自分に告白したんじゃなかったのかと怒るカヤ。

それぞれが見る夢の形の違いから、修羅場にはならず
自然と岩瀬は別れることに。
そしてなぜかカヤとは強制的に付き合う感じになり、
場は収まった。


これは……面白い(笑)。
非常に楽しませてもらった(笑)。
すっかりその気の二人と、まるでその気のないシュージンの差が良い。

二人共少しズレてて甲乙つけがたいね。
まさかの萌えキャラだった岩瀬(笑)。
握手に特別な意味を込めるほど潔癖というか物凄くウブな性格だった。
確かに「お互いをはげみにして一緒に頑張りましょう」は
ライバル宣言にしては若干違う感じもあるが、顔も赤らめてはいたが、
でも普通はライバル宣言ですよ(笑)。
それでいてシュージンが後で後悔しても「笑えないよ…」と
涙ぐむ純情さは萌えキャラ以外の何物でもなく、可愛い。
ライバルの秀才キャラは性格が悪いという常識を覆した。

感情をストレートに出す裏表のない性格のカヤ。
ムクれたり甘えた声を出したり、岩瀬とはまた違うタイプの
可愛さがある。
ただねえ、これ声優の力が大きい気もするんだよなあ。
漫画だとワガママなだけとしか思えないかもしれない。

なんにせよ、いきなり二人のキャラが立ったよなあ。
個人的にはまあ文章の長さは違うが(笑)、どっちもいいと思いますよ。

しかし岩瀬はデートもしない関係に不満はなかったんだろうか。
お互い勉強に勤しみ、成績で並ぶことが二人のつながりと
考えてたんならこれはいよいよアズキにも負けない
メルヘンチックな乙女になるぞ(笑)。
思わぬ伏兵がいたな(笑)。

ちなみに決着のつき方だけど、岩瀬は純粋に誤解しただけだから
お咎めなし、カヤは確かアズキのことを聞いた理由で「お前と話が
したかったから」と誤解させるような言い方をした分シュージンに
非があるから平手打ち+パンチ3発を食らう羽目になったわけで、
理不尽さのない公正な判断をしたなと思う。
そのあと付き合うことになったのは理不尽だけどね(笑)。



担当編集と上京した新妻エイジ。
どこぞのバンドの曲が流れていたので最初に編集者を見たとき
バンドのメンバーだと勘違いしました。

カラスが気になるエイジ。
なんだろう、じっと見つめるあの表情(笑)。
そのうえ追いかけ出すし、ちょっと好きになったじゃないか(笑)。



という感じだった今回。
まあ恋愛はこのように面白おかしく見せていくんでしょうね。

ただなあ、あまりに唐突だったよなあ。
展開が急すぎて面食らった部分はある。
なぜいきなりここでこのようなことになったんだろうな。
楽しかったのは認めるけど、疑問は残る。

その意味で今回は今までと比べると少し落ちる評価になる、かなあ。
カヤと岩瀬も凄いストレートにもう一度告白したしね。
修羅場だからといえばそれまでですが。

例えば実は握手のエピソードは前に名前を調べるために見たwikiで
先に知っちゃったんだけど、今回来るとは思わなかった(笑)。
それほどのいきなり感があった。

どうしたんだろうガモウ。

次回は服部と反省会があると思うのでその辺を楽しみにしたい。
カヤは元気が良すぎるなあ……。
まあ可愛けりゃいいけどね(笑)。




ジャイアントキリング。

試合をちゃんと見せたのは初めてじゃないか?
サッカーを題材にして試合をあんまり描かない
作品というのも凄い(笑)。

主人公が監督だから全体や結果が主になるのかもしれない。
サッカーの監督というのは試合中にやることは
あまりないんだろうか。

スポーツ番組を見てると監督が試合中でも指示してる映像を
身かけるんだけどな。

内容の方はクロが大活躍してていいですねと。

この試合では達海からも非常に信頼されているクロ。
マークしてる選手に抜かれるかどうかが見ものですね。

というか…そろそろ勝たんとね(笑)。
話の展開からして勝つとは思うけど、ゴールシーンで魅せてもらいたい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バクマン。 第9話「後悔と納得」

バクマン。の第9話を見ました。第9話 後悔と納得手塚賞の結果を知った同級生の石沢が、サイコーの絵を批判し、それを聞いてカッとなったシュージンは石沢を殴ってしまうのだった。...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2010/11/29(月) 09:18:15

バクマン。第9話『後悔と納得』

モテ期と修羅場が同時多発☆ シュージン贔屓気味な自分としてはこの状況をニヤニヤして見てたんだけど 岩瀬と見吉の思い込みっぷりったら凄まじいですなー(笑) バクマン。1 〈初回限定版〉 [DVD]下谷智之 ジェネオン・ユニバーサル 2011-01-26by G-Tools

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2010/11/29(月) 17:36:15

バクマン。 第9話「後悔と納得」

夢追って破れて後悔するなら納得できる――。 シュージンの足手まといになってるかもと悩むサイコー。 相談された祖父は、漢の痩せ我マンの話でアドバイス。 この一家はみんな漫画で説教するのね(笑)  ...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/11/30(火) 00:45:53

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する