「けいおん!!」の総評 2

  • 2010/11/27(土) 07:35:41

総評の後半ですけども。
考えてみたらあんまり書くことがないな。

まあ早く終わるのはいいことよね。
ちゃっちゃと進行したい。

前半はこちら。



そうさなあ、じゃあ…キャラから入るか。

全体的には1期より良かったと思う。
2クールの分、単純にキャラにスポットを当てられる時間が増えたしね。


中でも一番成長したのはムギ、ですね。

1期での本気のレズっ気をなくし、世間知らずのお嬢様だから
ありふれたものに猛烈な興味を持つというキャラ付け、
ちょっとだけワガママなキャラ付けがなされたことで
キャラクターの立体感がぐっと増した。

1期じゃあ本当に空気のような存在でたまに何か言ったと思ったら
レズの視点だしで、どうしようもなかったですからね(笑)。

この修正と呼ぶべき路線変更は非常に良かった。


次に律。

律も2期で良くなったキャラでしょう。
唯と組んでのお騒がせ役に磨きがかかり、足クセの悪さも健在と。

僕ぁね、律の足クセの悪さが大好きなんですよ。
1期の頃からイスの上にしゃがんでるイラストを見たりして
なんとなく印象にあったわけなんだけど、それが2期であぐらを
かいてるのを見て足クセが悪いのを確信した。

こういう、言動のような分かりやすいものとは違う
細かいことでの性格の表現が好きなんですよ。
でも細かすぎて伝わらないのは好きじゃないです。
お笑い芸人の物真似以外。
その意味でも律の足クセの悪さは良かった。

ただまあ、ムギほどの大幅な変更はないんでね。
2期での魅力、伸びしろということで言えば若干ゆずるか。

家事や料理上手という一面でポイントを稼げてたらいいね。
弟に対して威張らないのもいいと思いますよ。


唯と梓。

唯は生来の天然さが正常進化していたと思う。
律と組んで物語の進行役だった。

梓は…特に変わりはなかったんじゃないだろうか。
暴走しがちの唯と律をたまに巻き込まれつつもたしなめる役を
毎回こなしていた。
でもそれ以外はというと、若干軽音部に毒された、最後で泣いた程度で
キャラとしての個性はそこまで強くなかったのが残念。
まあ、1年の差ですかね(笑)。


そして澪。
来ましたよ。
これが一番書きたかった(笑)。

全くダメだった。
2期の澪は澪じゃないです。
というか1期からの問題点を解消せず来てる。

澪の魅力は律と唯を叱ったり話を仕切る一方で、
弱点が多く簡単にヘタレるところにある。
二つ合わせて一つであり、どちらが欠けても成立しない。

ところが梓が出てきた時点で叱る役が澪から移行してしまった。
そのため澪の性格が破綻し、普段はいまいちハッキリしない
ポジションで、時々いきなり笑い出したり怯えたりする
おかしなキャラとして映ることになった。

この問題は1期から浮上していた。
にもかかわらず何の対処もしないまま2期に突入したのは
大失態といわざるを得ない。

強調するが、キャラの構造の問題なので出番を増やしたり澪メインの
回を作れば解決するといった単純な話ではないんですよ。
唯と律は進行役、梓は仕切り役、ムギは金持ち&たまに横から場を
かき回す役、とそれぞれ与えられた役があるのに、澪一人、何もない。

前の更新で俺が4話・修学旅行回をこれぞけいおんだと褒めたのは、
澪本来のキャラ、役割が機能していたからであり、
なぜそうなったかというと、梓がいないから(笑)。

澪だけ個性や弱点が多いのが面白くない人間もいると思う。
しかし梓登場後の澪はキャラとして成立してないので
俺としてはかわいそうという気持ちの方が強い。

おそらく2期の澪は1期の頃より人気が落ちているはずである。



ええっとじゃあ次は…OP・EDの話にするか。

1つめのOP。
良かったと思いますよ。
グルグル回るシーンに体力を奪われた感はあるが、最初のキャラが
小走りするシーンのように他にも見所はある。
曲もいかにも2期のOPにふさわしく曲調で、質も良い。

1つめのED。
実は(?)、1期の頃からEDはそんなに好きでもないんだよね(笑)。
妙にすました表情とか。
今回のEDは5人が変な歩き方をするシーンが純粋に好きなのと、
「リーーッスーーーーーーーン」の手を下ろすところが面白かった。
曲はそんなに…。

2つめのOP。
いかにも最後という感じ。
これは初めて女監督がOPも手がけたんだっけ?
最後だから自分のアイディアを全部入れましたという印象で、
見所は全般にわたる。
もしこのOPが1期に使われたらどれくらいの騒ぎになっただろうと
考えたが、曲も含めて最後だからこその仕上がりなんだろう。
それは今までに2つも同じく。
曲も良い。
どれも最後まで歌詞が聞き取りにくかったが(笑)。

2つめのED。
一番印象に薄い。
順位で言えば間違いなく3位のEDになる。
ううう~ん…なあ(笑)。
今思うと1期のED曲が一番良かった気がする。
映像も1期のと2期の最初で競るか。

OP・EDはどれも1期と同じかそれ以上の質だったと思う。



大体語り尽くしたな。
あとは全体としてのまとめですけど、これは短いですよ(笑)。

1期より良くなったのは間違いない。
キャラの問題点を解消したことなどで1話の内容が純粋に上がった。

しかし一方ではライブ回や最終回、澪のキャラ付けなどの
肝心なところでミスをやらかすという失態もあり、
成長はみられるがやはり1期の印象を完全に払拭するまでには
至らなかったと思う。

結論としては、まだまだ新人の作ったものだな、
というところに落ち着く。

劇場版の内容が2期のその後というのも実力の足りなさを強調させた。
ああ、ライブという手付かずの手法をみすみす逃すとは愚かなことを。
まさか3期をやるつもりなのか。

まあということでね!
けいおん2期の総評は以上としたい。

個人的にはまあなかなか面白かったですよ。
なにしろ話題性があったからね。
たまには盛り上がる作品もないといかんです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する