バトルスピリッツ ブレイヴ 7話

  • 2010/10/25(月) 13:05:54

こういうあんまり話が進みそうになさそうに思える回というのは
面白さも落ちることが多い印象がある。

だが確証はない(笑)。



今回の相手はグレート・イーグルという、
プロレスラーの恰好をしたカードバトラー。

分かりにくいな!

本名がルチャ・リンブレーでメキシカンプロレス、
「ルチャ・リブレ」から来てるのは間違いない。

じゃあプロレスラーになれば良かったのに、なぜ二つを
ミックスしようと思ったのか、それが明かされることは
ついになかったのであった……なんだそりゃ(笑)。


バトルスタイルは激突王と異界王のミックス。
混ぜるの好きだな。
いきなりガイ・アスラが出てきたが…うーん。

前作のボスが使ったカードをボス以外のキャラが使うのか(笑)。

と予告ではほんの少しだけ思ったが、グレート・イーグルは英雄で
声優も有名な子安武人を起用してるから、ひょっとするとこの先も
出番のあるキャラなのかもしれないな。

しかしカードを召還して吠えたり、「俺は雄雄しき鷲、
グレート・イーグルだ!ターンエンド!」の迷言を聞くと
小物感が強すぎてどうしたらいいのか(笑)。


バトルは、ガイ・アスラを召還するもガス欠でイーグルの負け。
圧倒的強さを誇るガイ・アスラにも燃費が悪いという弱点があるのか。

でも今回もダンは破壊できなかったからね。
ガイ・アスラはレベル4まであるし、BP勝負、レベル勝負じゃ
勝てないのかもしれないな。

前回出てきた、BPを2000にするマジックは効くんかな?
確か転召とブレイヴ以外のカードは全て対象なんだよな?

まあ効いたら効いたでちょっとガックリするけど(笑)、
倒せないんじゃバランス的にも良いとは思わないんだよなあ。
呼ぶまでにコアを相当溜めないといけない弱点も加味したとしてもね。

ついでにカードゲームの方の話もしとこう。
今回出てきたガルナールのように、レアじゃないスピリットでも
普通にアタック時、ブロック時効果があるのが今のバージョンの
特徴なんだと思う。

やっぱり前より攻撃的だし、複雑だよなあ。
カードゲームは子供(小学生)のもの、というイメージが強い
俺からするとちょっと大丈夫かなとも思ったりはするけども、
遊戯王で生まれたブームももうずいぶん昔のことか…。

今は高校生くらいまでは普通にやるものなんだろうな。
実際、見かけたことはある。
大人もゲーセンの三国志やサッカーでカードを楽しんでる。

俺がカードゲームをすることはないだろうが、時代も変わったか。
…だからどうということもないが(笑)。



物語では、魔族の子供が仲間になった。

まさか町の人間の切り札が子供の人質とはなあ。
見た目は小さくても凄い力を秘めてる、なんて展開かと思ったのに。
みんな心がささくれてるねえ(笑)。

そしてその子らを強奪したダン(笑)。
なんなのこの人(笑)?
止めようとした人間に「俺と勝負するか?」とにらみつけるなんて。

理由は正しくても行動そのものは完全に悪党ですよ。
普通は最初に話し合いをして、それからバトルで町の人間を改心させて
連れて行くもんでしょう。
力ずくで奪うなんて強盗、人さらいのすることですよ(笑)。

でもその裏では、真っ先に子供たちの名前を聞く、魔族であろうと
一人の人間として扱う正しい心の持ち主であることが
まゐの口から説明された。

これは上手いと思います。
具体的で。

なるほどなあ、たまにはこういうこともないと
ダンがどんどん悪党に見えるからね(笑)。

確かにバトルの後、グレート・イーグルを褒めてたし、
子供を人質にするような連中に言葉はいらないかもしれない。
できればちゃんと改心させて欲しかったけども(笑)。
よく考えたらあの町の人間、性格はあのまんまだからね。

今回は作画が良かったのか、ダンの顔がカッコ良く描けてたんだよね。
だから無茶をしても余計にダンがカッコ良く見えてしまう(笑)。
冷静に考えると結構、今回はすごい話なのかもしれない。


そういやユースの奴、町の人間に賛同してたな。
なんなんだこのやろうは(笑)。

物語の役割としては未来の地球人を代表してるんだと思う。
しかしうっとうしいな(笑)。
ひょっとしたら最後の最後まで生意気のままの可能性があるぞ。



次回は…12宮Xレア?

モチーフを元にスピリットをデザインするようになったのか。
ふーん。

CMじゃ北斗七星龍なんてのもあったが、これだとむしろジャンプ漫画を
元にしてるようにも感じてしまうな(笑)。

今回も面白かった。
次回も楽しめることを期待しよう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する