ハートキャッチプリキュア 34話

  • 2010/10/04(月) 19:42:34

予想外の回だった。
というかすいません、期待してませんでした(笑)。
なんというか、いい方に裏切られた。



まさかこんなに出来のいいバトルを見られるとは。

今までの回にもなかなかいいと思うのがあったのはあったけど、
でも最初から最後まで気合の入ったバトルをするとは思わなかった。


避けることを見越して2枚目をダークプリキュアの反対側に置く、
いきなり応用技だったムーンライトリフレクション。

二回蹴られて水面で跳ね飛んだダークをキャッチするクモジャキー。

コブラージャの投げたカードを片手で弾き飛ばすムーンライト、
それを見下ろすように眺めるクモジャキー。

クモジャキーとマリンの攻撃の相殺で、遠くから手前へ来る煙の演出。

ムーンライトとダークの、お互いのなんとかフォルテッシモでの
エフェクト、ぶつかり合う時の顔のアップ。

ドロップキックをするムーンライトと剣で受け止めるクモジャキーの
絵に、ムーンライトのすれ違いざまの攻撃。


技に動きに、まさに見所満載、バトル系アニメと同じ基準で
考えたとしても素晴らしいと言える、滅多に見れない出来の
バトルだった。

3人の合体技で、弾役の二人が攻撃後にそのまま元の位置に
戻るところまで描く細かさには感服した。

これは凄いですよ。
本当に凄い。

かつてのシリーズで気合の入ったバトルといえば、初代の確か二人が
一時的に離れ離れになった回、フレッシュプリキュアのイースと
キュア…なんとかのタイマン戦、この二つぐらいじゃないか。

プリキュア5にもなかなかの出来の回があったような気がするが、
あれはフレッシュのラスト数回のどれかと混同してるか?

でも出来で言ったら今回が一番だろうな。
とにかく魅せる動きの多さ、全く落ちない質が凄かった。
印象深さではシリーズ最初である初代のもいいが。

他のアニメだと、たまにNARUTOで気合の入った回がある。
あれも一部が騒ぎすぎなものの、良いことは良い。
ただ、今回のとはちょっと系統は違うな。

NARUTOが枚数と映像による良さだとすると、今回のは
高品質の戦闘が途切れない良さといったところか。
いやー凄い。


気になったのはあれだけ衝撃を受けたのに
噴水が壊れないことぐらいですよ(笑)。

あと「いくじゃきー!」という不自然なクモジャキーのセリフと、
ムーンライトシルバーインパクトがコブラージャの股間に
手を当てていたように見えたのもあったな(笑)。

まあ、よく見ると目や口など顔の一部分のアップ、
こちらに向かうようにした反時計回りに動が
多用されているとは言える。
ダークの右目アップは怖かった(笑)。

けど、それはおおっぴらに文句を言うことじゃあないか。
むしろ個性でしょう。

今回は凄かった。
全てのバトルシーン中で上位に入るのは間違いない。
まさかここまでの戦闘が、それもプリキュアで見られるとは
思わなかった。
過剰評価しているとは全く思わない。
作品関係なしにしても凄かった。



さて、話の方も触れておかないとな。

コロン消えたな。
もう出ないんかなあ。
妖精なのに「キュアムーンライト!」と思い切り石田彰の声で
叫ばれるたのにはちょっと笑わざるをえなかった。

二人の別れを涙で見守る他のメンバーたち。
つぼみだけ顔を映さなかったのは意味があるようなないような。

ゆりのスリーサイズを見破るえりか。
この分だと、ゆりは自分から前に出ることなく
いじられるのが専門になるかもしれないな。
一人だけ高校生とはいえ、少しは仲間の輪に加わる姿勢も見せないと
みんなのハートはキャッチできないぞ(笑)。

それに結局、ムーンライト一人で勝っちゃったんだよなあ。
ダークまで退けたから今いる中で敵はない。
ムーンライトを100とすると、ダークがほぼ互角、パワーアップした
幹部3人が70、サンシャインが65、残り二人が55ぐらいですかね?
一人一人の実力で言うと。
あと、パワーアップしたデザトリアンがサンシャインと
同じくらいで、ノーマルが50くらい?

なんかね、ムチャクチャだよね(笑)。
デザトリアンなんかムーンライトが瞬殺しちゃうよね(笑)。
残りの3人はムーンライトがその場にいないときだけ
変身すればいい2軍レベル。

この圧倒的な風格は歴代最高だと思うよ。
「私は一人じゃない」というムーンライトのセリフがあったけど
それもどうもコロンに向けられたものみたいだったし、
全然心を開いてない上、心を開く必要もない(笑)。

コロンがいなくなったから少しは協力しようと思うかもしれないが…
4人にはまだまだ時間が必要なようだ。



お、久しぶりにこのアニメで長文になった気がする。
出来がいいのはいいことだ。
長くなるのはいいことじゃないが(笑)。

予告の「ファッション部の名にかけて!」はドモン・カッシュ?

4番組連動企画のキーワードは「ともだち」だったね。

今回の功績は演出担当の小川という人間によるものなんだろうか。

では次回。
次は書くかどうかわからんけどねー(笑)。



あ、そうだ。

見かける遊戯王5D'sというアニメ。
なぜ主人公はカニみたいな髪型をしているのか、カードゲームなのに
バイクに乗る必要があるのかという疑問はさておき、主人公の仲間の
赤い女キャラと双子のデザインはいいと思いました。
たぶんこのアニメ、人気が出てそう。

プリキュアと全然関係ないんだけれども、
思い出したので今ここに書いておいた(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハートキャッチプリキュア! 第34話「すごい...

ハートキャッチプリキュア!の第34話を見ました。第34話 すごいパワーです!キュアムーンライト!!ゆりがプリキュアになりたいと願うと、ココロポットが激しく光り出し、割れたはずの...

  • From: MAGI☆の日記 |
  • 2010/10/05(火) 06:20:56

ハートキャッチプリキュア! 第34話 「すごいパワーです!キュアムーンライト!!」

キュアムーンライトすごいパワーというか…。 もう一人で主役じゃない?(^^;  プリキュア戦士 キュアムーンライト とかタイトルも変...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/10/05(火) 12:05:15

ハートキャッチプリキュア! 第34話「すごいパワーです!キュアムーンライト!!」

ムーンライト無双!!! 他の3人立場ないじゃん…ヽ(;´ω`)ノ なんかいっときギャラリーになってたような(ぇ 完全復活のムーンライトはダークさんに雪辱。 サバーク博士が救援に来るぐらいですから相当やばかったんでしょうね。 パワーアップした3幹

  • From: のらりんクロッキー |
  • 2010/10/05(火) 12:32:13

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する