けいおんが映画化決定

  • 2010/09/29(水) 04:56:23

*最初は雑談の中の一つとして書いたつもりが、
長くなっちゃったので独立させました(笑)。


けいおんの映画化が発表されたとな?

なんと無粋なことをするもんだな。
卒業して終わったんだろう?
蛇足に過ぎる。

大体番外編自体よくわからないんだよ。
番外編にする必要あるか?
中に組み込めばいいのに。

確か1期のときからあったと思うけど、あんまり有効な手法とは
思えないんだよなあ。

2期のはまだ見てないけどね(笑)。


しかし劇場版の内容次第じゃこの先もどうなるかわからないな。

…その前に劇場版の内容を考えてみようか。

大学編だとしたら…どこで終わらせるかが分からないな。
劇場版なのにただの日常しか描かないのは許されるんだろうか。
僕は良くないと思います。

総集編だとしたら…映画化する意味がない。
新作部分の追加があったとしても意味がない。

高校時代だとしたら…妥当に見えて蛇足。
下手すると京アニなる会社は作品を商品としか見ない
下衆な会社であるとの印象を与えてしまうかもしれない。
アニメファンにそこまで気概のある人間がいればね(笑)。

うーんむ、やはりどう考えても映画化する必要がないという
結論になる。
なんせね、映画化することを知った瞬間、自分が苦虫を
噛み潰したような顔をしてるのに気付いたからね(笑)。
いらんことを、と。

ただ、大学編だったらこの先、つまり3期、4期も十分ありえる。
大学生時代を二つに分けて、4期で卒業、完結する形で。
まあ蛇足の極みですがね(笑)。
冷静に評価をすれば存在自体認められない。


なんて、問題ばかりじゃなくいいとこ探しもしておいた方がいいか。

そうだな……あ、一つあった。
ライブだ。

映画館でのライブシーンは臨場感たっぷりだろうな。
スクリーンのサイズが統一されてるかは知らんけど、
等身大に近い大きさでキャラを描いたら、
まさにそこにいるような感覚を味わえるんじゃないか?

おお、ならばいっそのこと3Dにしたらどうだ?
世界中のどこにも存在しない「アニメーションのライブ」という
新しい映像表現を生み出したと後世まで評価されるかもしれないぞ。

そしたら1期を放送した時以上の盛り上がりになるだろう。
す、凄いじゃないか!


てことはないか(笑)。

ライブをやれば確かに臨場感が出るとは思うが
それ以上のものではなかろうよ(笑)。

それに2期の学園祭を見てこの女監督はちゃんとした魅せるライブを
やるつもりがないのがはっきりしたしね。
ダメな奴だと思いながらも、この作品の場合は正解とも思った。

まあそれでもね、ライブ目的なら映画化する意味はあると思う。

…あ、じゃあずっとライブやったらどうですか!?
映画の約2時間はそのまま放課後ティータイムのライブを
開催するという形で。

うん、それだけでも十分成立するなあ。
むしろその方が新しいかもしれない。


なんてこった、
思わぬところに着地してしまった(笑)。

蛇足としか思えない誤った映画化と最初は嘆息したが
やり方次第では認めてもいい。
内容次第では金を払う用意がある。

けいおんに大して興味はないし、どうなろうと知ったことでは
ないはずだったが、驚いたことに興味が沸いてきた。

続報に期待しよう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する