バトルスピリッツ ブレイヴ 2話

  • 2010/09/21(火) 08:57:58

やっぱり2期は1期と違う。
こいつは…期待せざるを得まい(笑)。

1期の分だけ積み重ねがあるのは事実だけど、
方向性自体を評価したい。

そう思わされた回だった。



今回、明らかになった謎。
それは…麗しのソフィア号の乗組員のキャラが女だったこと(笑)。

一人称、「アタシ」だったね。
まあそれだけなんですが(笑)。

最初に「か」のつく言葉の前にメカと言う言葉をつけたがるが、
設定知らないとなんなのか分からないと思います(笑)。
メカワカッコイイとか特に。


剣蔵も登場…したのはいいとして(笑)、それより相方のステラ。

剣蔵の名字を間違えるからまさかと思えば声優も雪野五月。
1期のマギサですよ。
こいつは驚いた。

マギサと違い、ステラは剣蔵のレベルに近いところで張り合うぶん、
コミカルになることが予想される。

やさぐれたダンでも二人を見てたじろぐところや、説明でお互い
割り込みあうなど、すでに漫才が始まっている。
下から頭だけを出してオデコを光らせたのは笑ったよ。
エヴァのゲンドウのパロディがあったりね(笑)。

こりゃあちょっと楽しみだね。


敵の女ボス、ギルファム登場。

声は根谷美智子だったか。
すいません、ワンピースの海賊女帝の人かと思いました。

今回見た感じでは年増には見えなかったな。


月光のバローネ。

OPからするとすぐにキレる小物のような印象だったが、
割と落ち着いてた。

ダンと同じで強い奴との戦いに餓えている。
なるほど、似たもの同士系のライバルか。

ダンとの会話は少し大人っぽく、1期とは違うドラマが見られそう。



最初に方向性と書いたが、それを強く感じたのがダンとまゐの会話。

「オレが勝つことは滅びの前に希望を持たせるためなのか」
「オレはこの時代の人間を慰めるために来たんじゃない」
「戦うために来たんだ」

な、なんすかこれ。
ダンの奴め、生意気なことをいいおる(笑)。
勝つことが任務だとか、予想のさらに少し年齢を上げてきてるね。

まゐと二人、夜の甲板で話すシーン自体
ちょっと大人じみてるからね(笑)。
なんかこういうの見たことあるよ。
90年代あたりの雰囲気?

いいねーいいねー完全に別の物を作ろうとしているねー(笑)。

そういえば今回は詳しい舞台設定が説明されたけど、
一年後に地球がリセットされ、人類だけが滅びるなんてのも
1期より事態が重い。

バトスピの方じゃダンのトレードマークでもあったジークヴルムを
ライバルキャラに持たせてるからね。
ジークヴルムが白属性とはなあ。
まさかカードゲームをアニメに合わせてるのか?
あ、そういや今回も白使いがライバルだな。

ダンのアポロドラゴンがカッコ良くないのは置いといて(笑)、
この積極的な姿勢は非常に好感が持てる。

ジークヴルムが敵でも、ひるむどころかさらに好戦的になるダンは
嫌いじゃないぞ(笑)。

今回もまゐに笑顔が怖いと言われてたけどね(笑)。
この先、ダンが元に戻るのかも注目のポイント。

現実の我々は1期を放送した1年しか経ってないけど
アニメは2年経たせてるのが製作者の腕なのかもしれないな。
視聴者より年齢を上げてるんだよね。

正直言って、2期は期待してます。
期待します(笑)。

この調子で頑張ってもらいたい。



ところで、カードバトルの方なんだけど、
ちょっと気になることがあった。

あのー、複雑じゃないですか?

レアじゃないスピリットでもアタック時効果やブロック時効果が
あるし、間に解説が入ってたしね。

これにブレイヴなる新システムが加わるわけでしょー?
ちょっと敷居が上がったように感じたけどなあ。

だからもしかして、カードゲーム自体もプレイヤーに合わせて
年齢を上げてるのかもしれない。
バトスピから離れず買い続けてくれるように。

…あ、そうだ。
そういえばバシンが一番年齢が低かったんだ。
じゃあバシンからダン1期へ移るときから戦略としてあったのか。

あーそうか。
ポケモンのように子供向けである続けるのが普通だと
思い込んでいたが。
なるほど。

だったらシステムが複雑化しても問題ないな。
狙い通りなら。

おみそれしました(笑)。



うーん、見所多いなあ、2期。
何回も聞くうちにどんどんOP曲がいい曲だと思えるようになったし、
もしかしたら俺は…ハマってきてるのかもしれない(笑)。
今でもOPの野太い声は好きじゃないのに、やばいなあ(笑)。

とりあえずもう少し落ち着いて見よう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する