戦国BASARA弐 11話

  • 2010/09/19(日) 23:53:37

このアニメの開始から中ごろだったか、そのあたりでなんとなく
予想した2期の終わりがどうやら現実味を帯びてきたようだ。

もし本当になったら…見てる側はどう思うんだろうな。
俺自身は、いまさらこのアニメで過剰な反応しないと思う(笑)。


*物凄く長くなったので二つに分けることに。
後半は明日、CMを見た時点での輝きのタクトの評価、予想とともに
書く予定でございますです。



風魔小太郎、戦う。

このアニメを見て初めてちょっとカッコ良いと思える
キャラに出会ったと思う(笑)。

消えるときにカラス(?)の羽が散るのもいいし、
コスチュームのピチッとした半そでがいい(笑)。

バイオハザード5のクリスもそうだけど、
どうも俺は「ピチッと半そで」が好きみたいだ。

もしバサラのゲームを買ったら一番使いたいキャラだな。
使用可能キャラなのかわかんないですけどね。



ここで片倉が脱出成功。

長いこと狭い部屋の中で座ってたが、逃げるときはあっさりだな。
まあいいか。

再会した政宗の「よく戻った」はベタで良い。

せっかく再会したのにまたすぐ半兵衛の元へ行ってしまった。
合流したらそのまんまだと思ってたんだけどな。
後半の、半兵衛の前に現れたときアップになった表情は
なかなかカッコ良かった。



長宗我部は手下を助けに大阪城へ。

助けに行ったらもう間に合わないと政宗の言葉。
…え、じゃあこれで2期の出番は終わりですか?
後はせいぜい一枚絵が出るくらいのもん?

うはーー、なんだそりゃ。
短すぎるというかもったいないというか。

これはどうなんですか。



その毛利は日輪で進軍。

いきなり赤川を斬ったときはおかしい人なのかと驚いたが、
なんと赤川の奴は豊臣の間者であった。
なるほどねー。

でも、中身を知ってるくせに何も知らない自分の部下に
毒見させるのはどうかと思います。

こういうところが半兵衛に人望がないと言われる原因なんだなあと
思いました。

あの部下、グイグイ飲んでたじゃないですか。
舐めさせるだけでよかったのに。

日輪の攻撃は凶悪すぎる。
地面ごとえぐれて消えちゃったよ。

でもよく見ると範囲は狭い幹事のするのでその辺は安心、か?



復活の幸村。

じゃあ前回でもう復活はしてたということなのか。
やっぱり演出が足りなかったな。

自分は今まで信玄の背中を追うばかりで、
信玄と同じ明日を共に見ていたわけではなかった。

共に、というのがポイントですよね。
これによって将たる資格を得る。

ふーんむ、これは…悪くないな。
立派な将となるための条件として悪くない。
単純に自覚を持たせるよりも具体性がある。

ただ、悩み方に問題があったことに気付いた。

確か、戦なき世のために振るってきた槍が重い、と悩んでたと思う。
これだけ聞くと、なぜ自分は戦うのかという問題じゃないですか。

でも幸村が悩むことになったのは自分が感情に流されて将としての
判断を誤ったがために、小山田を死なせたのが発端。
つまり、別問題なんですよ(笑)。

だから幸村が何を悩んでるのか理解できなくなるわけです。

悩みの出発点は、自分の原点である、目の前の人間を助けたいと思う
気持ちで行動したら事態が悪い方に転んだこと。
この悩みが深刻になった結果が……ごめん、よく覚えてないや(笑)。
これ忘れるとまずいなあ(笑)。
幸村、なんて言ってたんだっけ?

しゃあない、うろ覚えで進めよう。
要するにドンドン悩むうちに、そもそもなぜ自分は戦うのか、
世のためと思って戦ってきたがそれは正しかったのか、
というところまで追い詰められたわけでさぁな。
敵にも守るべき家族はいるじゃないか、と。

そこで前回の島津との会話がヒントとなる。
名だたる武将はみな己を持っている。
己を持てば迷うことがなくなり、悪と思えるようなことすら行える。

今回、幸村はようやく答えにたどり着いた。
これまでの幸村は信玄の背中を追う、つまり信玄の己に
すがっていただけで、自分の中に己はなかった。
そうではなく、信玄と同じ明日を「共に」見なくてはならなかった。
「共に」とは、自分の中にも信玄と同じ己があることを意味する。
幸村は今、己を持った。
すなわち、将たる資格を得た。

ということだと思うんだよ(笑)。
うろ覚えにしちゃ上出来だな。
外れたときは思い切り違う方向へ外れてるだろうがねー。

で、槍が重いという悩みも小山田を死なせたことから
繋がっている悩みとなり、別問題ではない。

だけど……分かりにくいんだよ(笑)!

毎週ちゃんと見てちゃんと整理しないと置いてかれるよ。
「前回までの悩みの説明」みたいなものはないし、
ぶつ切りで悩みに入るから。

これが悩み方の問題の正体ではなかろうか。
うろ覚えだけどね(笑)。



はい、今回はここまで。
続きと輝きのタクトについてはここから

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐 第11話「覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」

こっちはいつも死に装束だ――! 大坂城に潜入した佐助たちは、小十郎と会い。 豊臣の壮大な軍略を知る。 かすがを上杉の元に行かせ、佐助...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/09/20(月) 00:23:37

戦国BASARA 弐(ツー) 第十一話『覇走豊臣大本隊!本気の慶次、断腸の抜刀!!』

いくつか腑に落ちない部分が無いわけじゃないけど 集結しつつある武将陣の熱さと勢いに気にならなくなるのもBASARAの持ち味? まさか…小十郎があんな自力で脱出可能そーなとこに居るとは!! 戦国BASARA弐 其の参 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2010/09/20(月) 18:03:03

戦国BASARA弐 第11話「覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」

「貴方様の背中、必ずやこの小十郎がお守りする!」 ようやく小十郎が戻って来たー! 小十郎は半兵衛、筆頭は秀吉の所へ向かう…! それぞれ決戦...

  • From: WONDER TIME |
  • 2010/09/20(月) 21:10:56

戦国BASARA弐~第11話 感想「覇走豊臣大本隊!本気の慶次、断腸の抜刀!!」

戦国BASARA弐ですが、大坂城に忍び込んだ佐助たちは片倉小十郎を助け出します。豊臣秀吉の天下統一が本格化していますが、大軍団を関東、薩摩と動かします。戦国武将たちのそれぞれの思惑も交錯しますが、伊達政宗と長曾我部元親は松永久秀が迎え撃ちます。(以下に続きま...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2010/09/20(月) 21:39:28

(アニメ感想) 戦国BASARA弐 第11話 「覇走豊臣大本隊!本気の慶次、断腸の抜刀!!」

戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 豊臣の手の内を探るべく、大坂城に忍び込んだ佐助とかすが。すでに何者かが潜入した形跡を発見し、鉢合わせを警戒する中、作戦室にて驚くべき企てを知る。敵軍の差し向けられた先にいる自軍を心配するが、そこに突如激しい襲来

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2010/09/24(金) 18:24:46

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する