戦国BASARA弐 4話

  • 2010/08/03(火) 01:04:45

うーん、今回はどうだったっけな…。
途中までは長く感じてたんだけど、
終わったときはちょっとだけ短く感じたな。

しっかし今回を見ると、スタッフは物語性重視で
作ってるように感じる。

前回から本当にじっくり話を描いてる。
それも結構シリアスな感じで。

これが今期の方針なのか。
俺は構わんよ。

あえて逆の方向性を目指すというのもいいんじゃないか。


今回は松永のセリフが良かったなあ。
「自ら殺めたものに対しては、ある種の愛着が湧くものなのかな?」
これ良いね。

松永のしてることはろくでもないことに違いないんで、
幸村が下手に言いくるめられたら白けてしまうなあと
思っていたわけですよ。

そこでこの悪い言い方が飛び出る。
良い。
論理ではなく感情部分に言い返しおった。

こいつ憎たらしいよなあ(笑)。
どう考えてもこいつが今期一番の悪党だよ。
こいつをボスにすればいいのに。

でも出来ないんだよね。
どうやっても小悪党だから(笑)。
下手したら今期も生き残るかもしれないぞ。

くあー、斬られて欲しいなあ。


市は現世に戻ってきたみたいだな。

あれは…中身は信長でいいの?
能登麻美子が信長を演じきっちゃうわけ?

この女どのアニメを見ても蚊の泣くような声しか出てないな。
声が張れんのかい。

そんなんじゃ声まで信長様に乗っ取られちゃうよ!
あの外見で!


次回は…なんだっけ?
覚えてないな。
まあ良い。

次回はどんな感じだろうか。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

戦国BASARA弐 第4話「安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」

安土城跡で今だに成仏できぬ亡霊のすすり泣きがするという。 幸村が聞いたのはお市の泣き声だったのか? 声の主を確かめに、幸村は夜の廃城...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/08/03(火) 11:08:51

(アニメ感想) 戦国BASARA弐 第4話 「安土城の亡霊!?幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」

戦国BASARA弐 其の壱 [DVD]クチコミを見る 豊臣秀吉の野望を打ち砕くため、西を目指す真田幸村と真田隊の兵達。その道中、かつての織田信長の居城・安土城へと差し掛かった幸村は、まことしやかに語られる、ある噂を耳にする。無念の最期を遂げた者たちの魂が、成仏せぬ

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2010/08/03(火) 22:34:43

戦国BASARA弐~第4話 感想「安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」

戦国BASARA弐ですが、真田幸村は薩摩への旅の途中で松永久秀やお市と再会します。市は涕泣、嗚咽、歔欷などで忙しいですが夏にふさわしいキャラになりつつあります。久秀は織田信長の骸骨をもてあそんでいますが、幸村は武人に対する尊敬の念を失した行為が許せませ...

  • From: 一言居士!スペードのAの放埓手記 |
  • 2010/08/03(火) 23:30:12

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する