メジャー 6期 第16話

  • 2010/07/19(月) 23:07:33

そういや原作終わったらしいな。
俺はアニメで見てるんだけどちょっとネタバレ知っちゃったよ。

まあそれはそうと16話の話をしよう。


割とあっさり片付いたな。
マードックに3話使ったからこれも同じだけやる可能性も考えたが。
あっさりキーンがリーダーシップを発揮した。


競り合いに弱い、特に2点先制されると負ける傾向にあるのは
見てて面白かったなあ。
良くも悪くも気分で動くチーム、か。

チームの特色というか精神的な部分でプレーに影響が出るなんて
なかなか興味深い。
へええ。
現実の野球もそうなんだよな?


しかしこんな簡単にキーンがリーダーとしての振る舞いを
身に付けられるのなら、なんで最初からしなかったんだろう。

いや、そうじゃないな。
させなかったんだ。

今まではワッツがいて、ワッツ自身がその役目を担ってたから
キーンに何かさせる必要はなかったんだ。

それが最近、チームにいられないことを悟ったため、
キーンに手綱を握る役目を渡そうとワッツは考えた。

そういうことか。
なるほど。

ああ、しかしワッツは腰をやってたのか!
移籍と引退の可能性しか考えてなかったよ。
故障してたとはなあ。

なんてこった。
キーンに後を任せたとなると本当に引退するかもしれないぞ。
ワッツいいキャラなのに。
まあ、もし引退まで行ったとしてもサンダースのように
選手以外の立場でチームに関わることもできるか…。

待て、キーンが新リーダーになったんだ。
ワッツの出番が少なくなることはほとんど確定だ。

なんてこった!
どちらにしろワッツはもうあんまり出てこないのか!
キャラも声優の演技も良いのに。

ありがとうワッツ。
さようならワッツ。
君の事は忘れない。

大げさだな。


話を戻すと、キーンがリーダーになる上で連敗は重要なことだった。

すぐにワッツがヒントを与えたのでは意味がない。
連敗することで今のホーネッツとはどんなチームなのか分析できる。
要するにキーン自身に考えさせたわけね。

現に今回、連敗と2点先制されたという二つの問題をクリアした。
真の意味でチームが壁を乗り越えたということなんだろうな。

それに、連敗してたんだから物語内では
それなりに時間が経っている。
あっさり乗り越えたのではないということか。

まあ結局見てる方としてはあっさりに感じちゃうけどね(笑)。


それにしてもマードック、一気にいい奴になったなあ(笑)。

今回もキーンの言うことに同意したり、吾郎に言われたことを
吾郎も含めたチームに言ったり、めっちゃいい奴だ(笑)。

あそこはマードックが叱ったから団結した部分も大きいよ。
なんだこの男、ツンデレか?

なんかいつ出て来てもいい顔してるんだよなあ(笑)。
完全に頼れる味方になってる。
人気急上昇間違いなしだな。

ところで今回も出てたファンの夫婦、あれ嫁が可愛くないですか?
おばさんで太ってるのになんか凄い可愛く見えるんだけど。

俺、おかしくなった?
でも可愛いんだよなあ。

あれはいい嫁ですよ。

現実だとまずデブで可愛いこと自体ありえないわけでね(笑)、
漫画とかアニメの世界でも貴重なんじゃないだろうか。

ヒロインの新境地が開けたか!?
これは是非、絵にしたしむ皆さん全体で考えてみていただきたい。

あの嫁は見た目も性格も可愛いんです。



次回は新キャラ登場か。
強欲オーナーの娘かなにかか?
たまたま立ち読みしたときに見たキャラとは違うような…。

楽しみですね。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する