メジャー 6期 第15話

  • 2010/07/10(土) 20:22:02

面白くなってきたなあ(笑)。
なにこの不協和音(笑)。

だんだん皆がイライラしていく様子が楽しくて楽しくて。
この展開は作中でも初めてだよな?


今回の問題はどう考えても吾郎から始まってるよね(笑)。

相手チームに因縁がある黒人選手も起爆剤ではあったけど、
火をつけたのは吾郎だからね(笑)。

全ては相手チームの思い通り。
ああいうやり方がありなのかどうかはともかく、
まんまと術中に陥ってしまった。

せっかくマードックが大人しくなってたのになあ。
イライラの輪に入らなかったのはすごい(笑)。


でも良く考えてみると、イライラしてたのは
吾郎を含めて数人だったような気もするな。

ロイは止めに入る役だった。
あいつは基本的に顔も性格もいい奴だな。
マードックのことは最初気に入らなかったようだが。

ダンストンも冷静だったし、キーンははっきり吾郎を責めて
八つ当たりされた選手をフォローしてた。

そしてワッツですよ。
この男がいるとチームがどんなことになっても
大丈夫に思える。
仲間を叱ることができる存在はワッツ以外いない。
予告でチームは崩れたままだったのは気にしない気にしない。
後は選手個人の問題ですよ。

皆が揉めてたように見えたけど、実はそうでもないのか。


このエピソードはキーンにリーダーシップを
身に付けさせることを描きたいんだろうが、
それでどうしたいのかが気になるところだ。

キーンのリーダーシップが優勝に必要なのか、
それともワッツに何かあるのか。

脇役をここまで描くのなら、中学編、高校編みたいに
今のチームでの物語をそれなりに長く続ける気なのか。

2、3年後に優勝とか?
そんな感じでもないんだけどな。

とりあえずワッツはお気に入りなので離れないでもらいたい。
先週も同じこと書いたな(笑)。


最近、面白さが増してきたメジャー。
ジュニアは今何をやってるんだろう。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する