3月終了アニメの評価 「キディ・ガーランド」 「エレメントハンター」

  • 2010/05/29(土) 17:45:36

今回も「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に
参加させていただくことに。

4作品あるので2つに分けた。
今回は「キディ・ガーランド」と「エレメントハンター」。

そういえばほとんど話題にしなかったキディ・ガーランドと
クロスゲームについてはここに今、ざっと総評した。



●キディ・ガーランド


ストーリー…2
キャラクター性…3
画…3
演出…3
音楽…4
総合的な評価…2

総合点…17点



・ストーリー
キディグレイドは見たことない。
いわゆるアニメブロガーと比べると自分はそんなに
アニメを見てない方だと思う。
だからかもしれないが、しかしいくら深夜枠とはいえ
ここまでどぎついアニメは初めて見た。
もしかすると、これは内容に相当の自信があるから最初にどんな手を
使っても視聴者を獲得しようという作戦なのかもしれない、
と思ったが最後まで見た結果、そんなことはなかった(笑)。



・キャラクター性
なんでやたらとキスするの(笑)?
しかも女同士に兄妹と変態的なものばかり(笑)。
キディグレイドを見てないので、最初からたくさんのキャラが
出てくるのには参った。



・画
普通、じゃないかなあ。
悪くなかったと思う。



・演出
OP映像…使いまわしだったよな?
2話ぐらいまでの。
EDは2種類用意して良かった。
プラスマイナスで3点。



・音楽
これは良かった。
クフィーユのED曲が一番気に入ってる。
歌唱力はともかく。



・総合的な評価
どぎついなあと思いつつ、それなりに見れてしまうのが困り者(笑)。
しかし3話だったかのBL喫茶はあまりに気持ち悪すぎた。
後半はまともに盛り上がるのかなあと思ったが
ボスがそれほどパッとしなくて残念。
これ、前作もこんな感じだったんだろうか。
もし違ってたら…これはヒンシュクを買うなんてもんじゃ
ないだろうなあ。






●エレメントハンター


ストーリー…3
キャラクター性…3
画…2
演出…3
音楽…3
総合的な評価…3

総合点…17点



・ストーリー
普通というか、まあ…普通だよなあ(笑)。
盛り上がる部分もあったが、上手く行ってない部分もあった。
よい子が見るアニメにしてはシビアな展開があった。
SF設定に関してはしっかりした人間が担当しているらしいので、
このアニメに出てきたことは理論上は可能なんだろうな。
そう考えるとちょっとすごく思えるかもしれない。



・キャラクター性
これもまあ、普通。
主人公の声は頑張ってる棒読みだったが、声を担当したのは
本城雄太郎くん(当時12歳前後)なので、責めるのは酷というもの。
キャラ同士がほんのり寝取り寝取られ風味だったのが印象的だった。



・画
ここは合作した相手が担当した部分のはず。
デザインはネギまっぽい感じ。
しかし絵はそんなに綺麗とも上手いとも思わず。
問題はキャラを崩したときの顔で、明らかに日本人が
描いたものとは異なっている。
EDのラストを見るのが一番わかりやすい。
はっきり言ってしまうと、下品で全く好かん。
んんー、あまり合作した意味はなかったな。



・演出
一部におかしい演出もあったが、普通でいいか。
人間には認識できないとかで、終盤に出てきた別次元が
実際にどんな感じかわからなかったのはちょっと残念。



・音楽
OPはガンダムSEEDにも起用された歌手。
この曲もいわゆる中二病臭いのでSEEDにもそのまま使えそうだ。
曲自体はなかなか良い。
EDは教育ソング。
元素の名前を覚えよう!



・総合的な評価
う~~ん。
真面目な大人が科学に興味を持って欲しくて一生懸命作った印象。
それが災いしてユーモアがちょっと足りなかったかもしれない。
肝心の科学についても、元素はこうすればこうなる、みたいなのが
断片的に出てくるだけなので、残念ながらこのアニメを見て
科学の知識が付くとは考えにくい。
すぐに身に付くのは元素の名前ぐらいのものか。
あのEDの功績は大きいな。
志は悪くはないが、もう少し娯楽を意識した方が良かった。
このアニメをきっかけに科学に興味を持つ子供が増えることを祈ろう。






以上。
エレメントハンター、まさかまさかのキディガーランドと同点(笑)。
でもキディガーランドよりは一応上ですよ。
ストーリーと総合的な評価を見ていただきたい。

後半は「クロスゲーム」と「フレッシュプリキュア!」。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する