鋼の錬金術師 56話

  • 2010/05/09(日) 20:40:10

展開としては多くない、短い間を描いた話だった。
そういや今回、主人公出てないんだよね。

今までの場合は怪我とかで出さない意味があったんだけど
今回のは普通に出番がなかったんで、EDに入る瞬間に
「あっ!」て気付いた。

背は少し伸びたが影が薄くなった主人公なのであった。



ホーエンハイムは53万人と対話を済ませたそうな。

昔に名前をつぶやいてから「使わせてもらうよ」とか
言ってたシーンを思い出した。
なるほど、これのことか。

でも使っちゃったら消えるんだろうな。
寂しいですね。

それにしても、ただのエネルギーと
言われていた賢者の石だけど、
命があるとなるとこりゃあ使いにくいよなあ。

アルとエドにとって本当に使いにくくなった。
対話を済ませたホーエンハイムの賢者の石なら
幾分か使いやすいだろうから、そのへんで
なんとかするのか。

父親が息子にというのは正しい。
父親の方は今まで接触を避けてきた背景もある。

まあ……なんでもいいな(笑)。



帰ってきた大総統。

戦車が下がりながら砲撃するところが良かったね。

大総統の動きはいつもながらに良い。
もうイメージが出来上がってるんだろうな。
初めてグリードと戦ったときから良かったもん。

グリード対大総統の出来も良い方だったと思う。
平均以上の出来。

でも今回はフーだなあ。

通路を駆け上がってくるところから
大総統と斬り合うところまでが
今回の中で一番いい動きをしていた。

いい動きって見返したくなるんだよね。

まあ駆け上がってきてくれたせいでブリッグズ側に
スキができて中央軍に反撃されてしまいましたがね(笑)。



大総統が帰ってきたため、ブレダらは急遽
アームストロング(姉)を敵に仕立て上げる。

あっれえ。
荒川、本気でやるつもりなの?

そこそこにしといた方がいいと思うんだけどなあ。
ストーリー上、どうしても描かないとおかしい分だけ
勢力ごとの駆け引きを見せたほうがいいと思うぞ。

例えば女でもこれが「図書館戦争」の作者、有川浩なら
何も考えずに見ているだけだっただろうよ。
前から思ってたんだけどね。

でも荒川がやろうとするとちょっと危うさを
感じるんだよなあ。

そもそも少年漫画だからね。
あんまりこの部分は気張らないで頂きたい。



今回はこんなところ。

予告が短くてねー。
まさかまたプレゼントのお知らせかと思ったらあれですよ。

おーい××アニメー、盛り上がりに水をさしてんぞー。

また番宣を始めたと言うことは完結させるめどが
ついたということなんだろうか。

予告は印象の強さでフーが死ぬと思いがちだから
アームストロング(姉)を出してバッカニアかもしれない、
いやもしかしたらファルマンか、と思わせる作戦ですか?



立ち読みした原作話は前回書けなかったんで
今回こそはバッチリと。

あのねえ、書いてはいなかったけど実はレイブンのことが
すごく気になってたんだよね。

アームストロング(姉)に対してありえないほど秘密を
ベラベラしゃべったじゃないですか。

あれ、絶対ありえないんだよ。
あんなのが上にいちゃいけないんですよ。

単純に幹部不適格という意味ではなくて、
そもそもあんなキャラを幹部に配置してはいけない。

そんなことをすると軍上層部全体が
無能の集まりということになる。
あんな口が軽い奴を上に置くわけだからね。

それでお父様たちの計画が上手くいくはずがない。
簡単にほころびが出てしまう。

だからこのとき、荒川が話を考えるのが
嫌になってたんじゃないかとすら
思ってたんだよね(笑)。

だけど原作を読んで腑に落ちた。
アームストロング(姉)が心の中のセリフで
秘密をよくしゃべるレイブンに対して疑問を感じていて、
「自分の代で計画を完成させる」とレイブンが言ったことで
そこからくるあせりのために良くしゃべっていたのかと
アームストロング(姉)が分析していた。

確かにこれなら納得できる。
ちゃんと説明をしている。
しかし俺は原作を読むまでわからなかった。
ということはアニメでは省略されていたのだろう。

意味がわからない。
本っ当に意味がわからない。
アニメスタッフは頭がおかしい。
なぜ非常に重要な動機の説明をはしょったのか。
頭がおかしい。

これで確信した。
アニメスタッフは作品を極力壊さずにどうしても
削らざるを得ない部分はどこなのかを理解していない。
すなわち、鋼の錬金術師がどういう作品なのかも
理解していない。
原作を読み始めてから薄々感じていたことではあるが。
そして前期にも言えることではあるが。

プロでしかも恵まれた環境にいながらこいつらは作品の
ファンレベルにしか作品を理解していないのではないか。

じゃあ具体的にどこかと言うと……またいつか(笑)。
いや、もうちょっと原作を読んでみないと(笑)。
気になる部分もありますんで(笑)。


そんなこんなでまた次回!
いやあ楽しみだなあ!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話「大総統の帰還」

RAY OF LIGHT(DVD付)原作の方も6月で終了とのこと。 アニメも最終回は1時間とかやってくるのかな? さて、今回はブラッドレイがチートでした!

  • From: 明善的な見方 |
  • 2010/05/09(日) 21:16:14

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話「大総統の帰還」

帰ってきたブラッドレイ! その圧倒的な存在感、圧倒的な戦闘力にブリッグズ軍は一蹴。 止められない大総統の前にグリードが現れ立ち塞がる...

  • From: SERA@らくblog |
  • 2010/05/09(日) 22:01:31

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 56話「大総統の帰還」

ブラッドレイ、帰還! レイン(初回限定盤A)(DVD付)(2010/06/02)シド商品詳細を見る

  • From: 新しい世界へ・・・ |
  • 2010/05/09(日) 23:17:08

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話 「大総統の帰還」

鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]クチコミを見る お父様と対峙したホーエンハイム。膨大な時を使い、自らの中にある53万6329人の魂たちと対話を終えていたホーエンハイムは、彼らを使って、お父様の身体を内側より破壊しようとする。一方、中央司令部正面入口へ舞い戻っ

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2010/05/10(月) 00:15:57

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話『大総統の帰還』

エルリック家の人たちは頭が柔軟なんでしょうね、いい意味で。 エドが魂の定着した“鎧”を弟と認識できるのも ホーエンハイムが己の内部にある“エネルギー体”を同郷の人間と認識できるのも 大元の考え方は同じような気がする鋼の錬金術師 第56話。 ちなみに主人公は引

  • From: 風庫~カゼクラ~ |
  • 2010/05/10(月) 22:40:14

第24巻の名台詞と共に大総統無双キター( ̄口 ̄;)!!あと、5月12日の確認前に、原作最終回話がきちゃった!! 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第56話『大総統の帰還』

 そうだ、キミは……ひとりじゃない…。  フラスコの中の小人によって、帰るべきクセルクセス国が滅ぼされ、ただ1人、逃げる様に行くあて...

  • From: シュージローのマイルーム2号店 |
  • 2010/05/12(水) 04:44:32

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する