劇場版メジャー 友情の一球

  • 2010/05/05(水) 19:09:22

まずはこれを放送したNHKに称えたい。
最高だぜNHK!

他のアニメ、特にジャンプ系も必ず放送するべき!
確かNARUTO以外は特番はあっても放送しないだろ?
毎年映画版の新作を上映するなら過去作品は
ババンと放送しちまえよ!

……俺が気付いてなかったというオチだけは
ありませんように。
ありませんように!


えーと?
なんだっけ?

ああそうだ、GWだから劇場版を子供に楽しんでもらおうと
放送したNHKは素晴らしい!

しかもNHKだからCMなし!
1時間44分をバッチリ堪能できるわけです!
最高じゃないですか。

どこよりも凄いですよ。


でしかも!
作品の出来が非常に良かった。

非常に良くまとまっていた。
これオリジナルなの?
こんなに出来がいいのは決して多くなかった。

うん、いい出来だった。
面白かった。
良かった。

吾郎がチームメイトらを変えていくところ、
弟ができたことで生じた疎外感、
それをきっかけとした家族の物語、
そしてライバルとの対決と、
メジャーらしさが十分に出ていた。

特にラスト、現在の吾郎が古賀兄妹と再会するシーンは
なんかもうたまんなかったね(笑)。

今放送している「現在の」吾郎が出てきたという
ライブ感みたいな感覚と、俺にとっての吾郎は成長した姿が
基本なのか、自分でも驚いたほど気持ちが盛り上がった。

本当に楽しかった。

あと細かいとこでは、吾郎が本気になったら投げるたびに
帽子が飛ぶとこなんかはちょうど今の6期でその話が
出たばっかりだから、よく勉強してるなと感心した。


まあね、若干批判できる部分もあるにはあるんだよ。

なんで監督は吾郎の怪我に気付かなかったのとか
なんで古賀兄妹は吾郎のその後を知らなかったのとか。

でもさあ、ただでさえ故障してる吾郎の変調を監督が
気付いたら……絶対降ろされるじゃん!
そしたら物語が終わっちゃうじゃん!
それは困るよ(笑)。

恵は吾郎に手紙を送るほど、離れてからも五郎のことを
気にしてたのに、吾郎が左手でピッチャーを
続けていたのを知らなかった。
すなわち全く吾郎のその後を知らなかったわけで、
確かにおかしい。

けど良く考えてみたら吾郎は親にも彼女にも連絡を
あまりしないような性格なのでその後も連絡していたとは
考えられないし、吾郎は海堂に負けた、すなわち地区予選で
敗退していて甲子園にも出場していない。
派手な活躍はしたが全国的に有名な選手ではなかった。

だから古賀たちが吾郎のその後を全く知らなくても…
全く知らなくても……全く知らないのはおかしいよな…。
横浜リトルに勝った三船リトルは知ってたんだし…。

いや!
吾郎は海堂をギリギリまで追い詰めたけど負けたんだし
無名校の野球部だったんだからいいか!
それでいいよ!


ということでね!
非常楽しめた劇場版メジャーでした!

キャラについても書きたかったけど今はここまで。
後で書き足すかそれとも二つに分けて続けるかは
また書くときになってから考えよう。

良い出来だった!
素晴らしい!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する