実写版ヤッターマンを見た

  • 2010/04/24(土) 01:38:43

あー、風邪が辛い。
解熱剤なしじゃあ熱はまだ8度を切らない。

それはさておき、ヤッターマンですよ。
これ見たかったんですよねー。
嵐の歌うテーマ曲も良いですからね。

しかしまあこれが予想外の出来でしてね!


話と演出は最初から最後まで唐突。

CGは頑張ってるけどやはりすぐにそれとわかってしまい、
役者の動きはいかにもな早送りで作品全体を陳腐にさせた。

ドロンジョ側のメカは乳首がそのままあるし、
ヤッターワンと絡み合ってまぐわう姿は下品すぎる。

ヤッターマンの話かと思ったらドロンジョが主役。
なのにそれをはっきりと分けていないため
どっちつかずになっている。

ヤッターワンがやられてばっかりで面白くない。

役者の演技は「おかあさんといっしょ」的な
茶番と化している。

嵐の歌がちょっとしか流れなかった。


と、このような感じでございました。
いやーーーなんでこんな出来になったんでしょうね?

番組の終わりで嵐の櫻井翔が言った
「ヤッターマン、最後まで楽しんでいただけたでしょうか?」
が切なくなっちゃいましてね。

普段映画はあんまり見ないんですけど、
これはまずい出来でした。
ワーストですねー。


初代のアニメ版を子供の頃に見ていた大人ほど
高く評価している印象がある、一風変わった映画でしたが
世代が違う自分にはさっぱりダメでした。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する