臨場 2期 第3話

  • 2010/04/22(木) 21:40:34

今週もやってまいりました臨場ですが、
ところで風邪引いて昨日から熱が出ましてね。
39度7分なんて未知の世界に足を踏み入れちゃって。
寝ててもすごく辛いし起き上がるなんてもう本当に辛い。

発熱はウイルスを殺すために必要なんて話もありますけど
無理無理。
熱が高いと食欲が出なくて栄養補給できないし悪寒が
尋常じゃないから毛布に包まっても暖かさを感じない。
解熱剤を使って初めて悪寒も和らぎ汗をかくというものです。

頭がフラフラぐらぐらして何も出来ません。
7度8度9度でそれぞれ世界が変わりますね。
今は解熱剤で7度まで下がってるから更新できますが
頑張ってもネットができるのは8度まで。
9度に入ると辛いから何かするどころじゃありません。
水を飲むために体を少し起こすのすら非常に辛いですもん。

ということで今週はいくつも更新できそうにないですね。
では臨場の話を始めましょう。

ゴセイジャーって今やってる戦隊モノでしたっけ?
正面からPRしてきますね。

ただゴセイジャーに夢中になってる子供が臨場を見ることは
絶対にないでしょうけどね(笑)。

しかも現実は変身なんかできないなんてことを
倉石にしゃべらせる始末。

本当にPRする気があるんでしょうか(笑)?


真犯人が判明するまでの流れはいいんですが、
その後は少しわかりにくかったですね。

要するに被害者の妻は被害者を見た瞬間に自殺と
判断したということでいいんでしょうか?
そして今の生活をなんとしても維持したかったから
保険金目当てにとっさに包丁を抜いて投げ捨て
殺人に仕立て上げた。
本当に殺人だったとは思っても見なかった。

これで合ってますかね?
なんともわかりにくいです。
おかげで今回が何の話だったのかわからなくなりました。


それから、小阪に捜査状況を尋ねた警察官。
あれ何だったんですか?
小阪が去った後「なーんだ、そうなんだ」って
悪い表情でつぶやいてましたけど結局何にも
絡んでこなかったですからね。

この男が今期の重要人物になるんならともかく、
もし視聴者をあざむくためだけだとしたら
これはまずいです。
推理要素の入った作品でなんの理由も説明もなしに
怪しい人間を出すなんて論外です。
あの警察官が話に絡んでくることを祈りたいものです。


今回はちょっとわかりにくかったので
次回はわかりやすいといいものです。

ところで最近、倉石の演技をする内野聖陽を見てると
竹中直人を連想するのは自分だけでしょうか?

なんかふにゃ~っとした感じが似てる気がするんですよ。
やっぱり自分だけでしょうねえ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する