鋼の錬金術師 47話

  • 2010/03/08(月) 06:32:59

今回は何事もなかったな。
あいや、リアルの方ね。

自然災害とは恐ろしいな。
放送にまで影響を及ぼすんだもんな。



さて鋼の錬金術師47話だけれども、ゆっくりしてたね。

複数のキャラがバッと出て急展開したあと、
視点を一つくらいに戻してじっくり描く。

先週書いた通りになったなあ。
まあこっから最後のイベントになるわけだから
じっくり描いて当然なんですけどね。


最初はアルが登場したんだけれども、ここ上手かったね。
トリシャと思わせといてプライドだったという。


視点がエドに戻り、ここからはエド中心に話が進む。
でも今回はグリードが良かったよなあ。

エドがホーエンハイムに「手伝うんじゃなくて
手を組むだけだ」って言ったときのグリードの顔が
実に良かった。

エドより大人なんだよね。
見守ってるってわけでもないけど親に反抗する子供の心理を
理解してちょっと楽しげに聞いてる感じ。

兄貴分気質を備えたキャラなんだろうな。


グラマン、野望の男説浮上。
これねえ、ちょっとどうなんだろうな。

ここに来て謀略のかけあいみたいなことをして
荒川がさばききれるだろうか。
本筋の方は心配するに足らないが、今まであまりなかった
要素がいきなり出てくるのは不安の種になる。

グラマンに色々考えさせるも結局はマスタングに活躍させる
ダシにするのが無難な扱い方だと思う。

それ以上のことはさせない方がいいんじゃないか。


ラストはランファン再登場。
ちょうどリンに戻ったところなのが上手いよね。

でもなんで居場所がわかったんだろうか。
説明あるの?



ということで今回も安定した出来だった。
次回も見ますよ。

以下、原作立ち読みの話。
今回は11~16巻を読みました。



前回もちょろっと書いたんだけど、
やっぱりギャグの配分がいいよなあ。

いや最初はいかにも女特有のしょうもないギャグを
無用に挟んでいるのかと思っててね。
しかしこれが読んでみるとそうじゃなかった。
ネタ自体もあまり女的ではなかったし、
思った以上にギャグ要素を感じさせるんだよ。
それもギャグの数というより入れ方に特徴があって、
ギャグとシリアスの割合が半々ぐらいの印象を受ける。

だから……ううーん、俺の第一印象だった、
少年漫画のくせに重いというのは違っていた。
これは荒川にとっての少年漫画がこのように
定義づけられているからだろうな。
重さが先に立っては少年漫画から外れると思ったんだ。
その甲斐もあって重すぎはしない。

でもこのアニメ版のギャグが気になる人間が結構いるらしい。
これはアニメ化したことで生まれた問題だと言える。
漫画はページとコマの間隔を視覚的に捉えられ、
読者は自分のリズムで読んでいく。
1話のページ数が決まっていることにより、
動きの多い戦闘シーンでも極端にページを割けない。
おまけにギャグというのは数コマで成立するものなので、
適切な間隔で入っていれば、ギャグが多いと印象付けられる。

ところが、アニメではこうはいかない。
キャラが動くため、戦闘一つとっても漫画より長くなるし、
会話や心情を表現するには間を必要とする。
しかしギャグは比率自体が少ないうえ、テンポを重視すると
漫画のようにほんの少しの時間で消化される。
その結果、ギャグ以外のシーンが長くなることにより、
漫画では取れていたバランスが崩れてしまう。
だからギャグが気になるとの不満が出るんだろう。


ううーん、ギャグの話一つでずいぶん長くなったなあ。
まだいくつかあるんだけど。
ここではなく別枠にまとめて書いた方がいいかもしれない。

ところで、前回の更新について、
立ち読みは良くないとのご指摘を頂いた。

確かに立ち読みは品のある行為とは言えない。

しかし、俺が読んだ店は古本屋で、多くがそうであるように
俺が利用した古本屋でも立ち読みを注意されることはない。
つまり店側は立ち読みを容認している。
その上、心優しい俺は本来そのような義務がないにも
関わらず、立ち読み後、1冊本を買って店を出た。
魔少年ビーティー、面白かった。
荒木飛呂彦の個性は1作目にして完成されている。

ファンからしてみれば立ち読みで済まされるのは
気分の良いものではないと思う。
それは分かるが、俺も「鋼~」は面白いと思うが、
俺はファンではない。
そこまでは行かない(笑)。

よって立ち読みには、どうかご理解いただきたい。
どうしても反論のように見えてしまうんだけれども、
意見が違うだけで立ち読みは良くないと思われている方の
感情を刺激するつもりは毛頭ない。


今原作は20巻ぐらいなんだっけ?
んーじゃあ立ち読みに行くのももうすぐで終わるな。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話「闇の使者」

HAGAREN SONG FILE-WINRY ROCKBELL-約束の日が間近ということで、エドたちの準備も調いましたが、 今回はホムンクルス側が逆襲してきました!

  • From: 明善的な見方 |
  • 2010/03/08(月) 08:07:13

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話「闇の使者」

エド一行はカマナでホーエンハイムと再会。 彼の秘密、お父様が日蝕を利用して真理の扉を開けようとしてるとことを訊かされる。 そして、エ...

  • From: SERA@らくblog 3.0 |
  • 2010/03/08(月) 10:08:12

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第47話 「闇の使者」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。エドはホーエンハイムより、彼の身体の秘密や、お父様が翌日起こる“日蝕”を利用して、真理の扉を開けようとしている事を聞かさ...

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2010/03/11(木) 12:24:47

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する