「ハンサムスーツ」を見た

  • 2010/02/18(木) 21:30:28

面白かったです。
何回も笑わせてもらいました。

でもこれ、一番楽しんでたのは監督でしょうね。
スタッフも含めて。

流れる音楽がちょっと懐かしめのものばかりで、
エンディングにはテーマ曲の「My Revolution」を歌う
渡辺美里が出てきたり。

自分たちがそうしたいからそうしたとしか思えなくて、
だけどもワーっと馬鹿騒ぎのように楽しもうとしている
感じがするから嫌味とは感じない。

ブサイクってことも知ってて、そしてその中で見つかる
小さな幸せも拾った上で騒いでるんでネガティブさがない。

だから見ている自分も楽しめました。


あとはまあ…ラストですけど……。
うーん、これは「ブスの瞳に恋してる」と
ワンペアということで良しとしましょうか。

いえ、ラストで北川景子になっちゃうと大島美幸の気持ちは
どうなるんだって思ったんですよね。
同じブサイクでも塚地しか報われてないじゃないか、と。

最初は大島もハンサムスーツ的なものを着ているんだろうと
思ってたんで予想を裏切る展開が楽しかったんですけど、
でも少ししたら疑問に思うようになっちゃって。

そこで出てきたのが「ブスの~」です。
あれも外見が正反対のカップルの話でした。
見たことないんですが(笑)。

両方とも作者は鈴木おさむだし、そもそも相手が
美人だってことは塚地へのご祝儀ですからね。
コンプレックスを受け入れて何が大事なのかという答えを
出したことに意味があるわけですから。

美人じゃなくてもいいんだから、これは問題ないですね。
良しとしましょう。

他には、痴漢に間違われてハンサムとのギャップを
思い知らされる展開より自分で悩むように持っていった方が
良かったなとも思ったりしましたが、いいですいいです(笑)。

文字通り化けの皮がはがれて周囲からズタズタにされる
展開にしなかっただけいいです。



ハッピーフライトにハンサムスーツ、最近は興味があった
映画をテレビで放送してくれるんで嬉しいですね。

面白い作品でした。



あ、そうだ。
この映画の中で塚地が一番惨めさを感じたのは
「キスってこんなに気持ちよかったっけー?」って言う
シーンじゃないでしょうか?

声を入れるのは自分でも実際にトップモデル役と
キスしてるのは谷原章介なんですもん(笑)。
これ、きついですよー。

あと仲のいい夫婦役の本上まなみが一回も唇に
キスしなかったのはどんな事情があったんでしょう。
想像するのは……やめておきましょうか(笑)。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する