鋼の錬金術師 44話

  • 2010/02/16(火) 00:54:20

何の話かと思ったら今回はグリードの話だった。
最後なんて大総統宅へ討ち入りに行っちゃってね。
思い出したってことなんだろうね。


それに比べてあの主人公は何だ(笑)。
バリンバリンの全開で出てきたと思ったら
プスンプスンのエンストしちゃって印象に残らなかったぞ。

こんだけ話を詰め込んでこのタイトルはねえよー(笑)。
エドの復活だけで丸々一話使うと思ったのになあ。


エドが小豆程度しか記憶に残らなかったため、
必然的にアルとホーエンハイムの会話が
クローズアップされた。

ホーエンハイムが全部話したかあ。
まあ隠す必要はないけど話しちゃうと
終わりが近づくんだよなー…。
実のところ、ブリッグズが仲間になった時点で
終わりを感じてたんだけどね。

スカーの兄が描いた練成陣も知ってたみたいだし、
これでほぼ全ての謎が解けることになるんだよなあ。
荒川が見せるかなあ……見せないと思うなあ……。


アームストロング(姉)が見せられた不死の兵隊。
今は人形に過ぎない肉体に込める魂は、
今まで踏みにじってきた国から定着させるとか。

これは……ああ、頭が兵士じゃないと
戦闘で使えないからか?

ううーん。
結局は他の魂でもいいわけで、とすると……。
今まで血のナントカっていう生贄にされた人間を
全員復活させてハッピーエンドになるんだろうか。
お父様とホーエンハイムには消えてもらうことになるが。
エドとアルも体を取り戻してね。

まあ荒川の厳しさ次第よね。


と、ついつい全部語ってしまったが、
そんなことより今回はウィンリィの入浴シーンだろ!

いやああーー、かなり際どかったよね。
完全に湯が透けてたから、あとはアレを描くか描かないかの
ラインしか残されてなかったよ?

これが大事なのは、原作でもそうなのかってことなんだよね。
もしそうなら、荒川の評価を変えなければならない。
最近はどうも女だなあと思ってたんだけど、
高橋留美子に少し近づけていいかもしれない。

荒川ならこういうシーンも描けるだろうとは思ってた。
でもまさかここまでやれるとはなあ。
驚いた。


次回は……えーと?
あれ、全く思い出せない。
あれ?
これは初めてだ。
あれー。

まあいいか。
次も見るとしよう。



さて、本当はここからがメインなのだった。
前回の話の続きである。

まあ原作は1巻の最初の話しかまだ立ち読みしてないんで
キメラがどうとかいう話はできないんだけど、
一つ重要なことに気付いた。

俺は無意識のうちに、このアニメに先入観を持っていた。

それがどこからなのかといえば、前期に違いない。
確か前期では話の殆どがオリジナルで、ホムンクルスも
ほぼ全員後半まで倒されることがなかった。

今期でラストが倒されたとき、あっけなさと同時に
「本当はここで倒されるのか」とも俺は思った。
しかしこれで終わりだとはいまいち信じられず、
保留にしていた。
あの太った……グラトニーのときも同じく。

ラストがあの速さで死んでしまった時点で俺は
「ホムンクルスとはこれぐらいの敵なのだ」と
頭を切り替えるべきだった。
原作から入った人間はそう認識しているだろう。
俺ができなかったのは……真面目に見てなかったのが
一番大きいだろうな(笑)。

ただ!
ただ、それを差し引いても先週のエンヴィー戦は
納得がいかない。
もう一度振り返るが、エンヴィーとは、ホムンクルスなる
敵が最初に出てきた頃からいて、その後もことあるごとに
顔を出してきた、非常に印象の強いキャラだ。
物語上でも、イシュヴァール滅亡の直接のきっかけを作り、
ヒューズを殺すなどの大役を任されている。

それで踏まえた上で考えてみて欲しい。
戦闘があれでいいと思うか?

メイの遠隔練成を食らうシーンは完全にギャグ、
キメラとスカーの攻撃は一回のみで、
どう見ても苦戦はしていない。

到底納得できないな。
あれだけの敵がこんな簡単に倒されていいはずがない。
度々人間を馬鹿にするのも、言うだけの事をしてきた
自負があるからだ。
その裏に自分の本当の姿が虫ケラであるという
コンプレックスがあるのだ。
その敵を倒そうというのならそれなりの場を
用意してやらないとキャラも報われないし、
なにより見てるこっちが盛り上がらない。

あのさあ……ひょとしてみんなヒューズのこと
忘れてるんじゃないのか?
忘れていいのは俺みたいな人間だけだぞ(笑)。
たまには思い出してあげてください。

キャラには格というものがある。
ザコが指先一つでダウンするのは構わないが、
ボスまでそれじゃあ困りものだ。
こういうところに、俺は荒川に女を感じる。

エンヴィーを倒すのなら、スカーたちも
死力を尽くして戦う展開にするべきだった。
そうすればスカーらの心情を描くこともできた。
あるいは簡単に倒させたい理由があれば、
エンヴィーの傲慢さに付け入る展開にすべきだった。
荒川は良くない選択肢を選んだといわざるを得ない。
これに関しては、失敗だったと断言させてもらう。

でも不満に思ってるの俺だけなんだよなあ!
なんだよそれー!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第44話「バリンバリンの全開」

ゆかいなサブタイで、エド数話ぶりに帰ってきたー!(笑) ホーエンハイムと再会したアルは、街の復興を助けつつ。 今までのことを父に話す...

  • From: SERA@らくblog 3.0 |
  • 2010/02/16(火) 20:40:39

(アニメ感想) 鋼の錬金術師 -FULLMETAL ALCHEMIST- 第44話 「バリンバリンの全開」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 7(完全生産限定版) [DVD]クチコミを見る リオールにてホーエンハイムと再会したアルたち一行。アルはホーエンハイムに、これまでのいきさつや、エドが現在行方不明になっていることを話す。その頃、ノースシティの銀行に、エドの口座よ...

  • From: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 |
  • 2010/02/18(木) 13:01:50

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する