Wii 「鋼の錬金術師 暁の王子」 攻略 6話の説明

  • 2009/11/11(水) 17:29:38

第6話の詳しい説明です。

羅列に近い状態で書いたので非常に長い上に
読みづらいとは思いますが勘弁してください。




■効率の良い攻略法

会話が1回のキャラは一度話し掛けて好感度を上げるだけで
一緒に花火が見られるので、20:30のセーブデータを作り、
それから一人ずつ攻略すると良い。

2回以上話す必要があるキャラは、
20:30まで最後の会話をしなければ良い。

3、4回のキャラも、いくら好感度を上げたところで
最後の会話をしなければ条件をクリアできないため問題ない。

これをウィンリィのような必要会話数の少ないキャラで
操作すればぐっと楽になる。

ただ、複数会話する必要のあるキャラは、最後の会話が
発生する場所が他のキャラと重なる場合がある。
そうなるとどちらかは諦めなくてはならない。
諦めたキャラは大人しく単独で攻略しよう。


操作キャラはマスタング、パートナーはエレナ、ホークアイで
花火を見ておくと、この後の物語をより楽しめる。

念のため書いておくが、マスタングだからといって
エレナとホークアイの二人と同時に花火が見られるという
意味ではない。




■好感度と一緒に花火を見る条件について


・好感度

好感度ゲージの長さは全キャラ同じだが、上昇度は違う。
上昇度は100%を用意されている会話数で割った分だけ
上がるようになっている。

例えば、会話が1つしか用意されていないキャラは
一度ゲージを上げただけで最大になるが、
4つあるキャラは一度に4分の1しか上がらない。

ただし、操作キャラがアルのときのエレナだけは例外で、
4回会話できるにも関わらず、一度に3分の1上昇する。
これは会話数が3のキャラと同じ上がり幅だが、
2回上昇させただけでは条件が成立しないことから、
ただのバグではないかと思われる。
まさかエレナの気持ちの大きさを表現したってこともないだろう。


好感度は全員別々となっている。
例えば、エドを操作してウィンリィの好感度を上げても、
ウィンリィを操作したときのエドの好感度は上がっていない。


会話で間違った選択肢を選んでも、
好感度が下がることはない。



・一緒に花火を見る条件

一緒に花火を見るための条件は、
最後の会話を発生させた上で、
好感度を会話数の3分の2回以上
上げていること。

分かりにくい説明だと思う。

分かりやすく例えると、
会話が3回用意されているキャラなら2回、
用意されているのが4回のキャラなら3回、
好感度を上げる必要がある。

ピッタリ半分ではダメなので、
2回のキャラは2回上げなければならない。

ドリンクによる好感度アップもOK。


最後の会話というのは、そのままの意味。

3つあるなら3番目、4つあるなら4番目。
もちろん、1つしかないキャラなら1回話すだけでいい。

なぜ「最後まで」ではなく「最後の」なのかというと、
話し掛けるタイミングで会話が飛ぶことがあるから。
詳しい説明は、この後の項目でしてある。


複数のキャラが条件を満たした場合、
あらかじめ決められた優先順位によってパートナーが選ばれる。
例えば、操作キャラがエドならウィンリィが最優先される。

好感度ゲージは、パートナー条件が成立しているかを
判断するための存在でしかない。
ゲージの量は優先順位に一切関係しない。

例えば、操作キャラがエドの場合、アルが4回(最大)、
ウィンリィが3回、好感度を上げた状態で21時を迎えても、
パートナーはウィンリィになる。

他にも、操作キャラがエレナの場合、
会話数2回のウィンリィよりも1回しかないエドの方が
なぜか優先順位は上になっている。


条件を満たしているキャラがいれば、
21時を迎えた時点で満たしていないキャラを
操作していても、条件に合った組み合わせの
花火イベントが見られる。


コンプリートボーナスは、エド&ウィンリィ、アル&エレナ、
マスタング&ホークアイの組み合わせでクリアした場合のみ
もらうことができる。

パートナーの好感度が最大である必要はない。




■会話できる時間、キャラの居場所と不具合について

会話をすると必ず選択肢が出現し、
どちらかを選ぶと好感度が上がる。
上げられなくても次の会話は発生するので挽回可能。

複数の会話が用意されているキャラのみ、
会話することによってシャッフルタイム後、
違う場所に新たな話題とともに出現する。

場所を移動するのは会話の回数分のみ。
例えば、会話が1つしかない組み合わせのキャラが
会話した後、別の場所に移動することはない。

また、移動しているかどうかは操作キャラごとに
管理されているため、操作キャラを変えると居場所は
変えたキャラの会話状況に合わせて変更される。
要するに、一度も操作してないキャラにチェンジしたら
最初の状態から始まるってことである。
もちろん、会話を進めていたキャラに操作を戻せば
他のキャラの居場所は進めたまでの状態になる。


時間別・キャラの居場所

 19:00~19:3019:30~20:0020:00~20:3020:30~21:00
エドステージエリアテラスなしなし
アル大理石のあずまや廊下バーカウンタープールサイド
ウィンリィバーカウンターテーブルエリアマスタールームテラス
エレナテーブルエリア大理石のあずまやマスタールームバーカウンター
マスタングステージエリアバーカウンターテーブルエリアなし
ホークアイ廊下プールサイド大理石のあずまやステージエリア



キャラが出現する場所は時間帯で完全固定されている。
会話内容も場所によって固定。
会話をするまでは同じ場所にい続ける。

特徴的なのは、場所が時間によって固定されているために
タイミングによって会話が飛ばされる場合があること。
例えば、3回以上会話がある組み合わせで
1回目の会話を19:30~20:00の間にすると、
次にキャラが出現するのは3回目の場所になり、
2回目の会話は飛ばされる。



・不具合について

表を見ての通り、キャラは移動によって
場所が重なることがある。
これにより、問題が発生する。

キャラの移動先に違うキャラがいた場合、
元々いたキャラは移動してきたキャラが
別の場所に移動するまで消えてしまうのである。

もし移動してきたキャラにそれ以上の会話がないと、
元々いたキャラはもう出現しない。
会話やキャラチェンジがしたければ、
その前の段階からロードするほかない。

キャラが消える前に会話してなかったら、消えたキャラが
パートナーに選べなくなってしまうこともあるので注意したい。


さらにもうひとつ、重大な問題がある。
先に書いた通り、キャラが出現する場所と
会話内容は時間で完全固定されている。

言いかえると、あらかじめその前の時間帯に
話し掛けていなければ、最後の会話が
発生させられなくなってしまうのだ。

この状況に陥りやすいのは会話数が2回のキャラ。
始まった19:00~19:30の間に会話しないと、
その時点でパートナーに選べなくなってしまう。
会話数は2回で済むのに、20時以降に話したのでは
絶対に移動してくれない。

これはどう考えても不具合だろう。
時間があるのに場所を移動させない理由が全く見当たらない。
なぜこのような仕様にしたのか理解に苦しむ。


この仕様で一応、メリットと言えなくもないこともある。
それは、場所を移動するのはその前の時間帯に
会話しているのが条件だということである。

これを利用すれば、会話数が4つのキャラでも
2回で最後の会話ができる。

例えば操作キャラがエドの場合、
バーカウンターにいるウィンリィに20時になって話し掛けると、
次に出現するのはいきなりテラスになる。

これで最後の会話をするという条件がクリアされるので、
あとは会話の選択肢による好感度アップとドリンクの効果で
好感度条件もクリアすれば、ウィンリィをパートナーにして
花火を見られる。

まあ、キャラ同士の会話自体が楽しみなわけだし、
時間が余りがちなこのミッションでこんなことをする
必要性もない。

やっぱりただの不具合と言い切ってしまうのが
妥当だろうか。





攻略TOPへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する